あまりにイメージとかけ離れた鈴木杏樹(50才)の不倫スキャンダルは、多くの人を驚かせた。一方で、相手の男性となると「さもありなん」という反応が聞こえる。この二枚目俳優の素顔に迫る。

 山奥の村を舞台にして起きる、怨念が渦巻く連続殺人事件──。横溝正史の『八つ墓村』は、あまりにも有名なミステリーだが、事件の当事者ではない金田一耕助役が今、思わぬ形で脚光を浴びている。

「2月16日から東京の新橋演舞場で公開される舞台『八つ墓村』の稽古中の出来事でした。金田一役の緑郎さんが役者やスタッフの前で“ご迷惑をおかけして申し訳ありません”と涙ながらに謝罪したんです。でも…彼の過去を知っている人たちは、その様子を冷めた目で見ていましたし、今回の報道に対しても驚いてはいませんでした。杏樹さんは知らなかったのでしょうね。彼の不埒な過去を」(舞台関係者)

『週刊文春』の報道に端を発した鈴木杏樹の不倫騒動。杏樹は、元歌舞伎役者で劇団新派の俳優・二代目喜多村緑郎(ろくろう・51才)と舞台での共演を機に親密な関係に。同誌によれば、2人は海岸で人目をはばからずキスやハグを繰り返し、ラブホテルへ行くなどアツアツの様子だったという。互いが独身ならば何の問題もないが、緑郎には、元宝塚歌劇団宙組トップスターの貴城けい(45才)という妻がいる。

 今回の不倫報道は、杏樹にとっては人生初の大スキャンダルだ。1993年にドラマ『あすなろ白書』(フジテレビ系)でブレーク後、爽やかな魅力で女優はもちろん、音楽番組の司会としても活躍。1998年に医師の夫と結婚したが、2013年に死別した。その際、気丈にふるまう彼女の姿に胸を打たれた人も多いだろう。その杏樹にやっと訪れた新たな幸せ…と思いきや、それが不倫だったとは──世間は大きな衝撃を受けた。

「報道後、2人は不倫関係を認め、謝罪コメントを発表。この時、杏樹が《お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました》と釈明したことが、“妻の貴城に失礼だ”とさらなる批判の的に。また、情報番組『バイキング』(フジテレビ系)では、MCの坂上忍が“50才の大人を4000円のラブホテルに連れていくな”と、緑郎に呆れるなど、各方面で“炎上”が続いています」(スポーツ紙記者)

 不本意な形で一躍、時の人となってしまった緑郎。いったい彼はどのような人物なのだろうか。

「苦労人との報道もありましたが、実際は違います。一般家庭の出身ながら、口跡のよさと身体能力の高さで20代半ばで三代目市川猿之助(現・二代目猿翁)の部屋子に抜擢。異例の活躍ぶりでした。ただ、その後はけがに悩まされ、歌舞伎を続けることが難しくなった。4年前、歌舞伎界との交流も深い劇団新派に移籍して、劇団における大名跡・二代目喜多村緑郎を襲名しました」(歌舞伎関係者)

 ただ、芸の道を真摯に追求する一方で、女性関係は昔から派手だったそうだ。

「長身で二枚目の緑郎さんは、とにかくモテる。2013年に貴城さんと結婚する前も、何人かタカラジェンヌと交際していたと聞いています」(前出・歌舞伎関係者)

◆罵倒された緑郎が「訴えるぞ!」

 モテるがゆえに、過去には女性をめぐって大きなトラブルも起こしているという。前出の舞台関係者が声を潜める。

「実は、劇団新派の中で大騒動があったんです。歌舞伎俳優の二代目尾上松也さん(35才)の妹で新派女優の春本由香さん(27才)と不倫関係に陥り、それがきっかけで彼女のお母さんや松也さんとモメてしまったんです」

 松也の母は元新派女優の河合盛恵(63才)、祖父は新派を代表する名俳優として知られた故・春本泰男さん(享年88)。由香は2016年1月に入団し、新派の“重鎮”ともいえる一家だ。

「由香さんと緑郎さんが男女の関係になったのは2018年1月、初春公演の『家族はつらいよ』の稽古中だったとか。24才も年下の由香さんを緑郎さんはアグレッシブに口説き、彼女も落ちてしまったんです」(前出・舞台関係者)

 2人の関係は劇団内ですぐに噂になった。盛恵は娘の不貞を知り得る立場にあったが、当初は耳を塞ぎ、知らないフリをしたという。しかし、罪悪感に苛まれていく娘が、母親に泣きついたのである。

「その年の秋、由香さんは精神的に追い詰められていました。緑郎さんから“おれの子供を産んでほしい”と言われたそうです。本気かどうかわかりませんが、まだ若い彼女は思い悩み、母親に相談しました。盛恵さんは由香さんの将来を思い、緑郎さんに文句を言いたい気持ちを抑えて、由香さんには身を引くよう説得し、不貞を穏便に終わらせようとしたんです」(由香の知人)

 しかし、由香の異変に気づいたのか、緑郎の態度が急変する。周囲には気づかれぬよう、これまで通り接する由香に対し、緑郎は彼女の挨拶を無視するなど、露骨に冷たい態度を取ったという。

「これには由香さんが完全に滅入ってしまった。やがて、松也さんも事情を知ることに。彼は激怒したそうです」(前出・由香の知人)

 そこには、妹を応援する兄としての強い思いがあったようだ。

「松也さんと由香さんはとても仲がよく、15年前にお父さんの六代目尾上松助が亡くなった後も、支え合って生きてきました。新派入団前、由香さんがタレントを目指したもののうまくいかずに悩んでいた時、松也さんが由香さんを付き人にして給料を払い、“このお金でレッスンを続けなさい”と助けてあげたほどなんですよ」(別の由香の知人)

 しかし、実際に“行動”に出たのは母親の盛恵だった。

「2018年末頃、彼女は緑郎さんに電話し、“娘に手を出しやがって!”と激高。“離婚はできないけど、子供を産んでくれ、とは何よ!”などと、強く問い詰めたそうです。緑郎さんは謝るのかと思いきや、“松也の母親だからってデカイ顔しやがって!”と逆ギレしたから驚いた。その後、盛恵さんに強い口調で罵倒され続けたからなんでしょうか、緑郎さんは“訴えるぞ!”とまで言ったそうです」(前出・由香の知人)

 結局、裁判沙汰にはならず。由香と緑郎は同じ新派ということもあり、話し合いで事態を収束させたという。この“もう1つの不倫騒動”について、当事者たちはどう答えるのだろうか。

 緑郎の携帯電話を鳴らすが、一向に出ず。一方の由香は、不倫について、「そういったことにはお答えできません。もう知らないです。関係ありませんので」と狼狽しながら繰り返した。

 盛恵にも話を聞いたが、「私から申し上げることは何もありません!」と、怒りをあらわにするのだった。かつて八つ墓村よりも恐ろしい泥沼の愛憎劇を繰り広げていた緑郎。杏樹はこの騒動を知って、何を思うのだろうか。

※女性セブン2020年2月27日号