お笑い芸人の世界は、上の世代がずっと活躍しているので下の世代がつまっている。50〜60代で活躍している芸人も多く、もちろん定年もないので、本人が辞めると言わない限り今後も活躍し続けるであろう。そうなると一層大変なのがその下の世代だ。まだ売れていない20〜40代の芸人はどうにかして世に出ようと考えている。

 まず芸人が考えるのは自分のキャラである。どういう芸人としてやっていくのか、ネタにも影響があるのでここが重要だ。見た目のキャラを押し出す芸人は多い。例えばデブキャラやブサイクキャラなどである。見たらすぐにわかるので芸人の武器として利用しやすい。

 しかし、同じキャラで他の芸人と被ってしまうと、意味がない。いかに“隙間”を見つけるかが勝負となる。たとえば、今までのブサイクキャラは容姿をいじられてそれを笑いにしていたが、ブサイクである本人が自分をいじって笑いをとるという新たなジャンルを見つけたのがお笑いコンビ・アインシュタインの稲田直樹だろう。今までのブサイクキャラ芸人はネガティブなキャラだったのだが、ブサイクをポジティブに受け止め、それウリにして笑いをとるという隙間を見つけ彼はうまく対応していると言えるだろう。

 芸歴12年目の芸人Aさんに話を聞いた。

「僕は養成所に行っていたのですが、そこで印象に残っているのは、芸人は隙間産業であるということでした。そもそも、『ネタのパターンはほぼやり尽くされているけど、まだどこかに隙間があるからそれを探しなさい。やったもの勝ちだから』と言われました。その隙間を見つけようといろいろ挑戦しているのですが、それが未だに見つかっていないんですけどね」

 今の芸人のネタは昔と比べるとレベルが上がっていると言われる。ナインティナインの岡村隆史が「今芸人を始めたとして売れる自信がない。ネタのレベルが高過ぎる」とラジオで語っていた。最近はインターネットでいくらでもネタを見ることができ、他と同じようなネタにならないようにしていくうちに若手のネタはどんどんと技術が上がってきている。

 一方、最近ではテレビでネタを披露できる番組も減っているので、自分の特技や趣味を活かそうと考える芸人も増えている。これも他と被ってはいけないので隙間を探さなくてはならない。しかし、隙間を見つけたからと言ってもそれがハマるとも限らない。一度誰かがその隙間に入っており、挑戦したがダメだったから隙間になっていたということもある。ニッチ過ぎてもいけないのだ。

 そこをうまくやっていると言われるのが、アンジャッシュの渡部健である。渡部は趣味である食べ歩きや高校野球観戦などを、着実に仕事に繋げている。特に食レポや野球関連はライバルが多いジャンルにもかかわらず、渡部は今までとは違う視点から隙間に入り込んでいる。たとえば高校野球は多くの人が選手に注目する中、渡部はスタンドで応援している部員や中学生の選手に注目するなど、目の付け所を変えて勝負している。

 芸人の世界ではすでに様々なアイデアで勝負されているが、そんな中でもまだ隙間は存在するだろう。その隙間をいかに人より早く見つけて世に出すかが、今後の芸人人生を左右する。どんな隙間から新しい芸人が出てくるのか、今後が楽しみである。

◆文/矢口渡(芸人ライター)