放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、映画史・時代劇研究家である春日太一氏の著作によって「二スケ二ゾウ」という呼び方を初めて知ったことなど、時代劇を楽しめる著作についてお送りする。

 * * *
 世界中がコロナにやられてショゲかえっている昨日今日、私のまわりの芸人達などライブも営業もどんどん無くなっていき「近頃はすっかり“キャンセル”を中心とした芸能活動です」と自嘲気味に笑う。こんな時こそひとりのゆっくりとした時間がとれるのだから、今こそ時代劇を楽しもう。10代20代の頃あんなに時代劇に心ときめいたのに……と考えていたらいいタイミングで春日太一『時代劇入門』(角川新書)が出た。当誌でも「役者は言葉でできている」という連載を持つ曲者だ、出会え出会え〜ッである。

 肩書きが「時代劇研究家」とどっしり腰をおろしているのがいい。○○エディターだとか、○○プランナーなんてカタカナでチャラいのは嫌だが、漢字六文字というのがいい。心はサムライである。『天才 勝新太郎』やら『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』なんて名著も出している。

 神田伯山のラジオを聞いていたら「これだけ陰気な時代に、ひとりだけ幸せそうにしている男がいました。春日太一センセです。42歳で恋をしてるってんだからあきれます。一人幸せそうなんだよ。42つったら厄年だよ普通。春日太一と志らく師匠からはいま目が離せません」だとさ。そんな事より、オイッ伯山、お前だって真打昇進披露、何本もキャンセルくらってるじゃねぇかアハハ。

 そんな事よりこの本だ。私より30歳近く若いのにいろんな事を教えてくれるので有難い。我々小田急沿線の団塊世代がガキの頃は、下北沢やら経堂の映画館で三本立てを見るのだけが娯楽と教養の時間。片岡千恵蔵・市川右太衛門、二大御大の時代。さっそうとオンボロ銀幕に現われたのが大川橋蔵、市川雷蔵である。絵に描いたような美しさ。橋蔵は『新吾十番勝負』が代表作、テレビへ行けば『銭形平次』はなんと888回放送という金字塔。“三ノ輪の万七”というライバルの岡っ引きもいい味。原作は野村胡堂、読んでるだけで様々な名前を想い出します。

 市川雷蔵とくれば円月殺法『眠狂四郎』、その立ち姿が妖しく光る。実は濡れ場を楽しみにせっせと三本立てへ行ったのですが、気が付くと四本立てになっていました。

 この1950年代、この二人に中村錦之助、東千代之介を入れて業界内では「二スケ二ゾウ」と呼ばれていたらしい事をこの本で初めて知りました。時代劇をもう一度楽しもうとか初めて入っていこうとする人への道しるべとなる傑作な1冊。明日から刀を差そう。

■イラスト/佐野文二郎

※週刊ポスト2020年4月3日号