俳優・鈴木亮平(37才)が、全米で配信がスタートする米国ドラマ『トウキョウ・バイス』に出演することが、分かった。同ドラマは、元新聞記者のジャーナリスト、ジェイク・エーデルスタインが日本の裏社会に迫った著書『トウキョウ・バイス アメリカ人記者の警察回り体験記』のドラマ化。ハリウッドで最も有名な日本人俳優の渡辺謙(60才)が、主人公ジェイクの父親的存在のカタギリ刑事を演じて、製作総指揮(エグゼクティブ・プロデューサー)もする、注目の作品だ。

 大手ワーナーメディアの映像配信サービス「HBO Max」の目玉ドラマで、本格的な米国デビューを飾る鈴木の役柄は、主人公と対立する暴力団幹部という重要なポジション。配信スタートは5月が予定されていたが、新型コロナウイルスにより現在撮影は休止中。

 大手芸能プロダクションのあるマネジャーは「亮平さんといえば、186センチのマッチョボディーで肉体派俳優の印象が強いですが、実は英語がペラペラの超インテリです」と話す。東京外語大外国語学部出身で、実用英語技能検定1級の持ち主だ。

「筋トレだけでなく、何事にもストイックで並外れた集中力を発揮する。英語も、そんな姿勢で会得したようです」(同前)

 2015年までは、ハリウッドのエンターテインメントを紹介する米国大手放送局FOXの情報番組「FOX BACKSTAGE PASS」で、3年間もMCを務めていた。

 とはいえ、そんな実力を持つ鈴木でも簡単にデビューができないのが、エンタメの本場米国。カギを握っていたのは、製作総指揮の1人、渡辺謙だった。渡辺の知人は「鈴木さんの出演を後押ししたのは、謙さんです。以前から、鈴木さんを高く評価していたのです」と明かした。

 きっかけは、一昨年のNHK大河ドラマ『西郷どん』だ。鈴木が演じた主人公の西郷隆盛を見出した恩人の島津斉彬役が、渡辺だった。1987年にNHK大河ドラマ史上最高平均視聴率39.7%を打ち立てた『独眼竜政宗』などで大河主演経験のあった渡辺。鈴木について「私自身も芝居の中で彼にエネルギーをもらいましたし、(出演回終了後も)親戚のような感覚で見ていました。よくやった! というよりは、少し口幅ったい言い方ですが、俺の目に狂いはなかった、ということですね」と、最大級の賛辞を送っていた。

 あるNHK関係者は「謙さんも184センチと長身だからか、『これからの日本を支える、心・技・体の三拍子がそろったいい役者が出てきた』、『英語も話せるし、近い将来は世界的に活躍するよ』と太鼓判を押していました。今思えば、あの頃からハリウッドでの日本人俳優の後継者として想像していたのかもしれません」と語る

 これまでICHIRO・SUZUKIが全米を席巻してきたが、2020年代は、RYOHEI・SUZUKIが、米国で一番有名なSUZUKIになるかもしれない。