シンガーソングライターの広瀬香美が自身の公式YouTubeチャンネルで公開している「◯◯歌ってみた」シリーズが話題だ。ネット上で「元気が出た」「クセになる」「どの曲も広瀬ワールドに持っていってしまう」と反響を呼んでいる。なぜこれほど好評を博しているのだろうか。

 昨年12月に自身のアカウントを開設し、YouTuberとしてデビューを飾った広瀬。年末恒例の音楽番組『FNS歌謡祭』のレポートを行う動画や、講師としてミュージック・レッスンを行う動画を発表するなど、精力的に活動を続けていた。そうしたなか、今年3月11日に「米津玄師さんのLemonを歌ってみた」と題したカバーを披露したのである。

 流行りの楽曲を練習している広瀬の姿を見たスタッフから、「YouTube用にお願いします」と頼まれたのだという。それが公開されるや否や一気に注目を集め始めた。切ないサウンドが特徴的な原曲のイメージを一新する力強いパフォーマンスが多くのリスナーの心を掴んだのである。

 翌々週末の27日には人気バンド・Official髭男dismの人気曲「Pretender」をカバー。この動画も話題を呼び、のちにトークバラエティ番組『アウト×デラックス』に出演したモノマネ芸人のミラクルひかるが新作ネタとして取り上げている。

 さらにシリーズ3作目からはリスナーに投票を呼びかけ、最もリクエストの多かった楽曲をカバーするようになった。King Gnu「白日」やあいみょん「マリーゴールド」といった最近のヒット曲のほか、人気アニメ『鬼滅の刃』のテーマ曲でもあるLiSA「紅蓮華」を斬新なアレンジで歌い上げた。

 またスキマスイッチ「奏」や石川さゆり「天城越え」といった時代を超えて愛されてきた名曲のほか、お笑いコンビ・どぶろっくの「もしかしてだけど」にも挑戦。浜崎あゆみ「M」では、全身全霊を注いで最後まで歌い切って倒れ込むという気迫あふれるパフォーマンスを披露した。YouTubeのコメント欄には「オリジナルすぎる」「涙が出た」「最高!」と絶賛の声が続々と寄せられている。

 どの動画も広瀬がピアノ弾き語りをする姿を固定カメラで撮影したもので、けして映像や音響が特段優れているわけではない。しかし原曲のイメージを一新するような大胆なアレンジを施し、ときに鍵盤を手のひらや肘で激しく叩き、譜面代わりのタブレットを打楽器のように使用してリズムを取る迫真のパフォーマンスの魅力は、動画から存分に伝わってくる。なによりも広瀬自身が楽しげだ。

 さらに全シリーズを通じて演奏前に楽曲の分析と解説、聴きどころの紹介を、わかりやすいたとえを織り交ぜながら行なっているところも見逃せない。楽曲の魅力を力説する広瀬の姿からは、音楽に対する深い知識と愛情を感じ取ることができる。どんなに奇抜でアヴァンギャルドなアレンジが施されていてもリスナーが不快に感じないのは、おそらくこうした楽曲に対するリスペクトを彼女が抱いているからだろう。

 動画の魅力はもちろん歌声にもあらわれている。広瀬香美といえば1993年にシングル・リリースされた大ヒット曲「ロマンスの神様」で知られるように、力強くて晴れやかなハイトーン・ボイスが持ち味だ。彼女は国立音楽大学進学後に米国ロサンゼルスへと赴き、マイケル・ジャクソンやダイアナ・ロスを輩出したことでも有名なボイス・トレーナーのセス・リッグスに師事した実力派である。自身もボイス・トレーナーとして「広瀬香美音楽学校」で後進の育成に励んでいる。

 そんな圧倒的な歌唱力を誇る彼女が、動画ではときに声を枯らしたハスキーな低音を、ときに声が出なくなるほどの高音を歌う姿には、「ロマンスの神様」で一世を風靡した頃とは異なる魅力がある。彼女の歌唱力について声楽家の小阪亜矢子氏は、「1990年代はもっと雑味のないメタリックな発声で歌ってらっしゃいました」と指摘する。

「現在の広瀬香美さんは、パワーはそのままで、微量のノイズのある少しハスキーな声になっています。おそらく声帯だけでなく仮声帯といって声帯の少し上のひだの部分を使っているのでしょう。これが声と歌い口に深みを加えています。1990年代と共通していることは鼻の少し後ろにある空間にとてもよく声が響いていて、それが声のパワーにつながっていること。動画を見ると喋っているときや笑っているときもずっとその響きがキープされていて、聴き手のテンションを惹きつけています」(小阪氏)

 さらに小阪氏は、発音する際に口を自由自在に動かす広瀬の技術力の高さをこう評する。

「広瀬さんは発音の技術もとても高いと思います。アップになったところを見るとわかるのですが、表情筋と唇が縦横無尽に動いています。日本語はここまで口を動かさなくても何を言っているかわかる言語なのですが、広瀬さんのような音色や声量をキープするためには常に口の中を大き目に開けておく必要があります。その上で滑舌のよさをキープしようとすると、あのくらい唇を動かす必要があるのです」

 一方で、こうした技術力の高さを誇示しないところが広瀬香美の魅力だと小阪氏は続ける。ボーカリストとしての技術の解説はもちろん、音大の作曲科に進学して楽理の基礎を学んだ広瀬は、本当であればより専門的な楽曲解説もできることだろう。

「面白いのは、このシリーズではこうした声の作り方の話は全くせず、作曲の観点から解説しているだけというところです。それも和音とか調とか難しい話は一切しない。曲の感じや音域といった、言われてみれば誰でもわかるようなことしか言っていません。もちろん本人は難しい部分も全部わかっているでしょう。その上で視聴者が楽しめる部分だけを切り出しているのだと思います」(小阪氏)

 つまり広瀬香美の「◯◯歌ってみた」シリーズは、音楽と歌に精通している彼女だからこそできる、どんな視聴者にでも開かれたコンテンツなのである。そしてそれはコロナ禍でライブやコンサートになかなか足を運ぶことができないわたしたちに、熱気と興奮がともなう音楽の楽しさをいまいちど思い起こさせてくれるものであるに違いない。

●取材・文/細田成嗣(HEW)