「放送回数を減らさないでほしい」「明智光秀をしっかり描いてほしい!」──。大河ドラマ『麒麟がくる』の放送が6月7日で一旦休止することが決まったことを受け、NHKにはこんな声が多く寄せられているという。

 5月24日放送の第19話では、伊藤英明(44才)演じる斎藤義龍が、尾張平定の報告のために京都に上る織田信長(染谷将太・27才)を暗殺しようとする。それを長谷川博己(43才)演じる光秀が未然に防ぐという内容だった。視聴率は15.7%と好調で、これには長谷川も喜びを隠せない様子だという。

「長谷川さんはこれまでの大河の主演の中でも一、二を争うほど馬術を猛特訓していたり、座長としてキャストやスタッフへの気配りを大事にし、現場を見事に『ワンチーム』にまとめていた。撮影が中断され、もどかしさを感じている長谷川さんにとって、いまいちばんうれしいのが視聴者からの熱い声援です」(ドラマ関係者)

 撮影は新型コロナの影響で4月1日から休止していたが、ロケ地やキャストのスケジュールを調整中で、6月中旬からの再開を目指している。

「大人数が集まる戦闘シーンを減らすため台本を書き換え、対話の場面では引きのショットから各々のアップを使うというように変更しています」(NHK関係者)

 5月下旬のある日、夕方6時過ぎ、長谷川の姿は都内の高級住宅地の一角にあった。黒いパンツに黒いTシャツ、白いスニーカーというラフなスタイルで歩く長谷川に、スタッフらしき男性が一冊の本を渡した。どうやら出来立てほやほやの『麒麟がくる』の台本のようだ。長谷川はそれを受け取ると、すぐに自身が運転する車で出かけていった。

 向かったのは『セカンドバージン』(2010年・NHK)で共演したのをきっかけに交際をスタートし、“10年愛”を貫いている鈴木京香(51才)が暮らすマンションだった。夕食を共にするため向かったようだ。

「実は長谷川さんは先月あたりに引っ越しました。京香さんとの交際から今年で10年目。5月31日には彼女は52才になる。いまのタイミングでの引っ越しとなれば、彼女と結婚生活を始めるための新居なのかと思いきや、そうではないようです」(テレビ局関係者)

 京香といえば、東京にマンションを数戸所有し、京都でもセカンドハウスを賃貸。そのうちの1軒は長谷川とふたりで住むための部屋だという噂もあった。

「どうやら今回の引っ越しはあくまでも長谷川さんの個人的な理由みたいです。同棲はしないけど、近くに住み、頻繁に会う。そんな不思議な生活を続けています。撮影の前日など集中したい日はこの自宅へ、ほかの日は京香さんの家にいることも多いみたいです。

 会おうと思えばすぐに会える。でもひとりになりたいときは自分の時間がつくれるという、“ちょうどいい距離感”を保っているようです」(前出・テレビ局関係者)

「新しい台本が来たから京香と読み合わせをしよう」──そんなタイミングだった。公私共にベストパートナーぶりがうかがえる。

※女性セブン2020年6月11日号