第四次中東戦争が始まり石油ショックが始まり、トイレットペーパーや洗剤の買い占め騒動が起きた1973年、城みちるが『イルカにのった少年』でデビューした。1974年に日本レコード大賞新人賞を受賞、童顔と細身のスタイルで人気アイドルとなった日々とその後、現在の活動について、城が語った。

 * * *
 父から引き継いだ電器店を2005年に閉め、それ以降、地元の広島でタレント活動を続けています。ライブやイベントでは『イルカにのった少年』を必ず歌います。歌わないと「金返せ!」と言われますから(笑い)。自分のHPには「日本一 息のなが〜い 一発屋」というコピーとともにイルカにのった自分のイラストを載せ、名刺にも印刷しています。イルカは僕のロゴマークで、若い女の子には「イルカのオジサン」と呼ばれています。

 高校1年生で『スター誕生!』(日本テレビ系)のチャンピオンになり、最初にこの曲のレッスンを受けたとき、「絶対売れる」と確信しました。歌い出しが瀬戸内海の島出身の僕のイメージにピッタリだと思いました。寝る間もないくらい忙しくなりましたが、それがアイドルの証だと思っていたので辛くはありませんでしたね。

 しかし2曲目以降はこの曲を超えることができずに苦戦し、父との約束もあって20歳で引退しました。広島に帰って数年間はどこに行っても『イルカ〜』を歌うよう求められて抵抗がありましたよ。吹っ切れたのは、20代後半の頃、地元の青年会議所のイベントで昔の衣装を着て歌い、もの凄く盛り上がってからです。その後、全国の高齢者施設を回ってこの曲を歌うと喜んでもらえ、歌の力を痛感しました。

 私生活では最初の嫁とは離婚しましたが一人息子から孫が2人生まれ、再婚した嫁との間にも女の子がいます。還暦記念パーティのとき、前の嫁以外全員参加し、デビューが同期で、アイドル時代に恋人だった伊藤咲子ちゃんも来てくれました。サッコとはいい友達で、彼女のアルバムにゲスト出演してデュエットを歌ったこともあります。僕にとってこの曲は人生のすべてですね。

●じょう・みちる/1957年、広島県生まれ。1986〜1989年『風雲! たけし城』で芸能界復帰。昨年秋に44年ぶりのオリジナルアルバム『LOVE THE LIFE』発売。現在『テレビ派』(広島テレビ)のコメンテーター。

【1973年の出来事】
石油ショック/ジーンズが大流行/「ごきぶりホイホイ」発売/『ノストラダムスの大予言』刊行/映画『仁義なき戦い』ヒット/「ちょっとだけよ、あんたも好きね」が流行語に

【1973年のヒットの曲】
『学生街の喫茶店』(ガロ)/『喝采』(ちあきなおみ)/『危険なふたり』(沢田研二)/『神田川』(かぐや姫)/『心の旅』(チューリップ)

※週刊ポスト2020年6月12・19日号