音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接してきた。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、増え始めた「有料ライヴ配信」落語会から、立川こしら独演会「こしらの集い」で披露された弟子・立川かしめの二ツ目昇報告と、そこで見せたかしめの前座噺の魅力についてお届けする。

 * * *
 今、インターネットでの「有料ライヴ配信」落語会が増え始めている。無料配信や投げ銭方式ではなく、決まった代金を支払って視聴券を購入した者だけが観る形式だ。

 4月2日の立川こしら独演会「こしらの集い」は、お江戸日本橋亭での定例会を急遽「関係者のみ立会いの無観客ライヴ」に変更、こしらの通販サイトでチケット代を支払った者に対してライヴ配信の視聴可能なURLを送る、という形で行なわれた。実は、こしらは既に2月から新型コロナウイルス感染拡大を懸念して、会場に来なくても観られるように各地の「こしらの集い」の有料ライヴ配信を始めていた。それを「無観客」に移行した形だ。

 開口一番はこしらの弟子、立川かしめ。これはいつものことだが、この日こしらはかしめにもう1席、トリの高座も務めさせた。4月1日に二ツ目に昇進しながら、15日に国立演芸場でやるはずだった昇進披露落語会が中止になってしまった愛弟子への、師匠の粋な計らいだ。

 かしめの1席目は『つる』。隠居に聞いた「鶴の由来」を友達に話そうとして失敗するのだが、相手は「裏のお鶴ちゃん」のことばかり気にしていて、さらにお鶴ちゃんが出てきて意外な一言を……という改作。急転直下のサゲで呆然とさせるあたりは師匠こしらに通じるが、ひねくれた展開を飄々と聞かせるトボケた芸風に独特の魅力がある。

 こしらは30分以上に及ぶ時事マクラから『明烏』へ。ファンタジーの世界に生き、自らを「風の属性の勇者」と信じる時次郎を吉原へ導くために父が創作したストーリーは、「邪悪な力から世界を護るため、源兵衛と太助と共に伝説の巫女を探しに伝説の地アレフガルド(=吉原)を目指す」というもの。源兵衛と太助は「火の属性を持つ者」と「不浄なる者」だと時次郎は勝手に納得、勇者が世界を救う設定におばさんも花魁も見事に対応する。

 結局そこが吉原だと気づいた時次郎は「世界を救えない!」と泣き叫ぶが、翌朝は性に目覚めて大満足。ひたすらバカバカしい爆笑編だ。

 こしらが高座にかしめを呼び寄せて「昇進の報告」トークを繰り広げた後、トリのかしめがあえて『転失気』を披露。極端な改作ではなく、珍念の内面に踏み込むことで、ありふれた前座噺に新鮮な魅力を与えた。この方向性は面白い。かしめにとって大きな武器になりそうだ。

 なお4月15日、かしめは無観客の国立演芸場から昇進披露口上を無料配信。三遊亭遊雀、三遊亭兼好、春風亭一之輔らが口上を述べ、爆笑のうちに門出を祝ってもらった。

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接してきた。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。

※週刊ポスト2020年6月12・19日号