音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、コロナ禍以前はほぼ毎日ナマの高座に接していた。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、オンライン配信の「文蔵組落語会」についてお届けする。

 * * *
 緊急事態宣言でリアルな落語会がすべて中止/延期となってから、橘家文蔵がオンライン配信の「文蔵組落語会」を始めた。文蔵後援会「三代目橘家文蔵組」の主催だが、チケット代を払えば誰でもストリーミング視聴券を購入できる仕組みだ。

 三遊亭兼好をゲストに迎えた4月9日の第1回は迂闊にも観逃してしまったが、4月14日の第2回は視聴券を購入。ゲストの春風亭一之輔は『あくび指南』を演じた。

 完全にふて腐れた態度で先生に接していた八五郎が夏のあくびに感動して「求めていたのはこれだ!」と手のひら返しで先生はドヤ顔に。いちいち「デーン!」と大声で勢いをつけないと台詞が出てこないというバカバカしい設定が一之輔の『あくび指南』のハイライト。「ごく自然に」と言われて「ごく自然に!」と叫び「スッと言いなさい」に「スッ!」と答える八五郎が愛おしい。

 文蔵は『転宅』。冒頭、旦那とお菊のやり取りを丁寧に描き、「そこまで見送らせて♪」と上目づかいで可愛く迫るお菊に「そ、そうかい?」と旦那がデレデレする図が楽しい。泥棒が飲み食いする場面が本当に美味しそうなのも文蔵ならでは。お菊の色仕掛けに引っかかる泥棒のマヌケさ加減もケタ違いだ。

 4月18日には月亭遊方との二人会がライヴ配信された。中止になった大阪での二人会に代わるもので、遊方が演じたのはヒーローショーに凶悪犯が紛れ込むドタバタ『戦え!サンダーマン』。クライマックスで観客に参加を要求するこのネタを無観客のオンライン配信という状況であえて選ぶ捨て身の姿勢は、さすが「高座のロックンローラー」だ。

 文蔵は大ネタ『文七元結』を披露。冒頭、夫婦の会話で女房が口にする「いずれ家を出ていく子だけど、こんな別れ方はしたくなかった」という台詞は文蔵演出の繊細さを象徴している。ラストで、帰宅したお久が「身請け」という言葉を用いず、「女将さんから『帰っていい』って言われて、このおじさんに手を引かれてきたの」と言い、長兵衛が「そういうことか……」と呟いたのも、目からウロコの素晴らしい演出。文蔵の『文七元結』の基盤は談志型だが、聴くたびにオリジナリティが増していて、実に説得力がある。聴き応え満点の名演だった。

 ライヴ配信による「文蔵組落語会」はその後も立川談春や柳家喬太郎、桃月庵白酒といった人気者を次々に迎えて活発に続けられ、好評を博している。ネガティヴな状況の中でオンライン配信に活路を見出した文蔵の挑戦は、コロナ収束後の世界にも活かされるだろう。

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接してきた。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。

※週刊ポスト2020年6月26日号