伴侶に有名女優を得たことでステータスが上がるも、不倫で転落──目下、世を騒がせるアンジャッシュ・渡部建(47)のスキャンダルは、そんな境遇の類似もあり、1月に発覚した東出昌大(32)のケースと何かと比べられる。佐々木希(32)を裏切り複数の女性に手を出した渡部と、杏(34)を差し置いて一人の女性(唐田えりか・22)にのめり込んだ東出。もちろん妻からすれば「どっちも許せない」に決まっているが、究極的に許せないのはどちらか。

 乱倫型と純愛型、妻の「怒りのポイント」が分かれた渡部、東出の不倫。

 極めて険しい道になることは間違いないが、それぞれどうすれば妻が水に流してくれる可能性が出てくるのか。夫婦問題研究家で離婚相談士の岡野あつこ氏が語る。

「前提として誠意を持って謝罪し、不倫相手とはきっぱり別れる。別れた証拠メールなりLINEなりを提示する。

 その上で、どちらのタイプも『二度と浮気しない』ということを約束するため、第三者を保証人に付けることをお勧めします。保証人として選ぶのは、夫が決して頭が上がらず、顔を潰したら大変なことになる人。妻の親や会社の上司なんかがいいですね。不倫した側の誠意は、そこまでしないと妻に伝わらないものです」

 万一、誓いを破った時のために“契約”を交わしておくのも重要だという。

 複数女性と不倫を繰り返す渡部タイプは、身も蓋もない言い方になるが、「金」がキーワードだと恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美氏は言う。

「あちこち手を出す男性は、社会的にも成功し、高ステータスで“利に敏い”タイプが多い。次に不倫したらペナルティとして高級車を買うとか、経済的な痛手を伴う約束を交わすと抑止効果が高まります。損得勘定が働くので。過去には、『カルティエの時計を買う』という約束を交わしてうまくいった夫婦がいました」

 一方、東出タイプは「公正証書」が肝になると言うのは岡野氏だ。

「次に不倫したら即離婚します、という公正証書を作るのが有効。親権、財産分与、慰謝料など細かい条件も全て書く。東出タイプで関係修復を望むケースは、真摯に反省していることが多いので、法的拘束力を持つ書面にもサインする。ここまでやってくれたら妻もやり直そうかな、という気になるものです。

 万一、次の不倫があっても、離婚で揉めることがなく、しかも妻にとって好条件ですから。過去の相談事例でも、弁護士などに入ってもらい、公証人役場で公正証書を作成する方法が一番効果的でした」

 とはいえ、妻の心に消えない傷を残すことに違いはない。

 結局のところ、どっちの不倫も許されることはないのである。

※週刊ポスト2020年7月3日号