1980年代、2つの芸能事務所による快進撃がはじまった。グラビアでタレントの知名度を上げる手法を確立し、多くのグラビアスターを輩出した芸能事務所・イエローキャブとアーティストハウスピラミッド。そのトップであった野田義治氏(74)と森山幸男氏(69)の2人の“ライバル”が初めてメディアで語り合った。ノンフィクション作家・本橋信宏氏による司会のもと、グラビア全盛期に繰り広げられた熱き戦いが甦る。

──雑誌のグラビアに巨乳を溢れさせた最大の功労者として、今回奇跡の初対談になりました。特に森山社長が誌面に登場するのは極めて稀なことです。

森山:そうなんだよ。あまりメディアに顔出さないからね。2002年に雑誌のインタビューに一度出ただけだから。

野田:対談の話があった時、相手が森山社長ならいいとオレから言ったの。

森山:嬉しいね。オレと野田さんの40年近い長い付き合いのなかで、野田さんがイエローキャブから堀江しのぶを出して、かとうれいこ、雛形あきこを出した時に、オレは鈴木紗理奈を出したんだけど、野田さんが誰か売り出した時にオレも常に誰かを出してきたんですよ。ところが、ある時期に野田さんが3人同時に売り出した。それでオレ、電話したことあるんだよね。覚えてないかな?

野田:それは覚えてるけど。

森山:「オレ、野田さんの背中も見えねえよ……」って。オレは相当がんばんないと野田さんの背中が見える所まで行けねえと思ったんだ。行けねえだろうなとは思ったけど、まあがんばりゃなんとか追いつくもんだね。

野田:追いつくよ。うちがかとうれいこ、細川ふみえを出した後、小池栄子・サトエリ(佐藤江梨子)・MEGUMIを売り出した頃ね。

──2000年前後ですね。

森山:その時です。オレの所にぶつけられるタレントがいなかったんですよ。でも対抗して、直後にうちも熊田(曜子)、夏川(純)って出したの。

◆“学園祭の女王”千堂あきほ

野田:いやいや。その時はね、森山さん、ほら、コトの始まりは80年代に千堂あきほが“学園祭の女王”って呼ばれてワイワイワイワイやってた頃ですよ。それで僕は“学園祭の女王”って名前で大々的にうちの子を売り出すことができなかったのよ。もう一人、他の事務所から出た杉本彩もそう呼ばれてたし。

森山:そうそう、杉本彩が元祖だね。それを真似たんだよ。ほとんどオレ、真似だから。だからオレは野田さんの戦略も真似するしかなかったわけだから。ノウハウもないんだもん。

野田:それでいいんだよ。オレは真似されてるっていう気がなくてさ。次に(森山社長は)「どういう手を使ってくるかな」っていうことばかり気になってたから。中條かな子もね。あの子も“学園祭の女王”って呼ばれてた。

森山:中條(かな子)はうちの4人目のタレントなんですよ。当たったんだけど、幸せに結婚しちゃった。

野田:しょうがないじゃん、幸せなら。それに結婚した相手は、広島東洋カープの元監督(緒方孝市)だからね(笑い)。オレんちの子(元タレントの八幡えつこ)もカープのキャッチャー(石原慶幸)と結婚したから(笑い)。当時の正捕手の女房になったんだから、「いいよ」って言ったの。結婚するならピッチャーはダメ、キャッチャーは頭がよくないとできないからさ(笑い)。

森山:中條の時は緒方さんが挨拶に来てくれてね、非常にジェントルマンで頭いいこと言っていたから、「じゃあもうオレの所にいるよりね、結婚したほうが幸せになるから、そうしてください」って言った。結婚式に出席したけど、複雑な気持ちで……でもまあ今、幸せになってるしね。いい子供にも恵まれたしあの時は残念だったけど、今思うと本当によかったなって。

──所属タレントが、「結婚します」、と打ち明けた時はどうしますか?

森山:僕はもう全然、反対しないですね。

野田:オレはね、相手の男を見て、「こいつだったら女房を食わせていけるだろうな」っていう男じゃないと、やっぱりOKできなかったっていうのはあったよね。

【プロフィール】
◆のだ・よしはる/1946年生まれ、広島県出身。サンズエンタテインメント会長。上京後、いくつかの職を経て渡辺プロダクションに入社。いしだあゆみや朝丘雪路、夏木マリらを担当。1980年頃イエローキャブを設立し巨乳ブームを巻き起こした。

◆もりやま・ゆきお/1951年生まれ、東京都出身。アーティストハウスピラミッド代表取締役社長。大学卒業後、ゆうせん企画に入社。1987年に独立しアーティストハウスピラミッドを設立。鈴木紗理奈や熊田曜子などグラビアから多くのスターを輩出している。

●聞き手/本橋信宏(もとはし・のぶひろ):1956年生まれ。ノンフィクション作家。執筆分野はAV、街歩きなど幅広い。昨年、著書『全裸監督 村西とおる伝』(太田出版)を原作としたドラマ『全裸監督』がネットフリックスにて世界配信され、大きな話題に。野田義治氏が手がけた巨乳ビジネスと芸能界の裏側に迫った新刊『新・巨乳バカ一代』(河出書房新社)が発売中。

※週刊ポスト2020年7月3日号