6月中旬の都内で、いつものオシャレな“文科系”ファッションで現れたのは、お笑いコンビのピースの又吉直樹(40才)だ。相方の綾部祐二(42才)が「ニューヨークへ行って、ビッグになる」と渡米してから、2年半以上が経った。コンビの活動は休止中で、作家活動に勤しみながら、1人のコントライブも定期的に続けている。

 ところが、最近になって少しずつ発言に変化が表れてきた。18日の文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ!』にゲスト出演すると、「綾部は自分に対して絶対的な自信がある(人)」と紹介して、過去の2人のエピソードなども披露した。このように最近は、テレビなどのメディアに出るたびに、綾部のことを話題にしている。

 あるお笑い番組制作会社関係者は「又吉さんは、作家として大成功を収めていて、金銭面では、わざわざ定期ライブをやる必要性はありません。それでも続けているのは、お笑いを愛していることもありますが、やっぱり綾部さんが戻ってきたときのことを考えて、第一線から離れていないという面もあるのかもしれません」と話した。

 対する綾部は、住まいのアメリカ・ニューヨークが新型コロナウイルスの感染拡大で、長らくロックダウンを強いられ、その影響を受けた。仕事ができなかったこともあり、自身の公式インスタグラムを更新する日々が続いている。

 そんな中、又吉は昨年、ひっそりと芸歴20周年を迎えていた。NSC東京校の同期の綾部も20年。前出のの番組制作会社関係者は「本来ならコンビで祝いたいところでしたが、又吉さんは、綾部さんを見捨てずに待ち続けてくれています。メディアに出て相方の話題をするのも、絆を失っていない証拠。作家としてもお笑い芸人としても、ソロで成功を収めているのに健気です。又吉さんは、綾部さんに帰ってきてほしい思いがあるはずです」とその気持を代弁した。

 アメリカは今、コロナ禍と人種差別問題とトラブルを幾つも抱えて、エンターテインメント界は、まともに機能できない状態が続いている。綾部がビッグになる道もより険しくなっていて、「今が帰国するチャンスといえる部分はあります」(同番組制作関係者)。

 もともと、キングオブコント準優勝(2010年)や、M-1グランプリ決勝進出など、コンビの実力も確かなだけに、再びピースのお笑いを待ち望む声も少なくない。又吉の思いは、いつ叶うのだろうか。