新型コロナウイルスの感染拡大のため、ストップしていた連続ドラマの放送が再開。過去に放送された名作ドラマの再放送ラッシュも続いており、ドラマ業界が盛り上がりを見せている。中でも、脚本家・中園ミホさんの作品が改めて関心を集めている。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが、今注目の理由について解説する。

 * * *
『やまとなでしこ』(フジテレビ系)の再放送が明らかになったとき、ネット上は大いに盛り上がりました。同作は2000年に放送された松嶋菜々子さん主演のラブコメで、最終話は世帯視聴率34.2%を叩き出した名作(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。コロナ禍による月9ドラマ『SUITS/スーツ2』の放送中断に伴い、「20周年特別編」として再編集した超解像リマスター版を6日・13日の2週×2時間で放送されるのです。

 このニュースに関連づけて注目したいのは、6月17日に続編の放送がスタートした『ハケンの品格』(日本テレビ系)。スーパー派遣・大前春子がチェーンソーで扉を破壊するなどの破天荒な姿を見せて、いきなりSNSを盛り上げています。

さらに、「今年は『ドクターX』(テレビ朝日系)の続編は見送りか」などの記事が複数のメディアで報じられ、そのたびにファンたちの間で「残念」「仕方ない」などとさまざまな声が挙がっていました。

 この3作は脚本家の中園ミホさんが手がけたヒット作であり、『やまとなでしこ』が2000年、『ハケンの品格』が2007年、『ドクターX』が2010年代と、各時代で支持を集めてきたことが分かります。コロナ禍に見舞われた今、なぜ中園ミホさんの作品が求められているのでしょうか。

◆共感・痛快な物語を支えるリアリティ

『やまとなでしこ』『ハケンの品格』『ドクターX』の共通点は、主人公が「仕事のできる女性」「自立した女性」であり、言動にブレや迷いがないこと。そんなたくましい主人公が社会の問題点や悪しき慣習を打ち破っていく痛快な姿が女性視聴者の共感を誘ってきました。新型コロナウイルスの脅威が続く中、中園さんのドラマは、視聴者の「せめてドラマくらいはスカッとさせてほしい」という潜在願望を満たしてくれるものなのでしょう。

 ドラマで視聴者の共感を誘い、痛快な気持ちにさせるために前提として必要なのは、描写のリアリティ。過酷な労働環境、ハラスメント、差別、女性の生きづらさなど、社会の問題点や悪しき習慣の描写がリアルだからこそ視聴者は主人公の活躍に共感し、留飲を下げられるのです。

 その意味で、当事者たちへの取材をリアリティあるセリフにつなげてきた中園さんの脚本は業界最高峰。リアリティを求めて派遣社員たちとのコミュニケーションを取り続けたり、客室乗務員との合コンをセッティングしたりなどのエピソードは業界内で知れ渡っています。

 また、中園さん自身、当事者たちの話を聞くほど思い入れは強くなるため、必然的に生きづらさを抱える女性たちを応援するような物語になり、だからこそ視聴者は神野桜子、大前春子、大門未知子の姿がまぶしく見えるのでしょう。

 そして、忘れてはいけないのは、中園さんが脚本家兼占い師でもあること。中園さんは14歳から学び続けて脚本家になる前の24歳で占い師になったほか、現在も占いサイトを運営し、占い本を手がけるなど、多くの人々から話を聞き、その人生にふれてきました。ドラマには占った人をモデルにしたキャラクターも少なくないようですし、「脚本家としての目線に占い師としての経験を加えている」という点がリアリティにつながっているのです。

◆『ドクターX』で見せた割り切り

 中園さんのドラマから痛快さやリアリティを感じる理由として、もう1つ挙げておきたいのは、割り切りのよさ。基本的に脚本家は、作品を子どものような存在として大切にする傾向がありますが、中園さんは「自分は書くのが遅い」「すべて書こうとしない」などと割り切るケースが何度も見られました。

 なかでも象徴的なのは、『ドクターX』への関わり方。同作は2012年秋の第1シリーズから、2013年秋の第2シリーズ、2014年秋の第3シリーズ、2016年秋の第4シリーズ、2017年秋の第5シリーズ、2019年秋の第6シリーズが放送されました。

 中園さんは第1シリーズこそ全8話を手がけたものの、2013年秋の第2シリーズは全9話中2話のみ、2014年秋の第3シリーズは全11話中2話のみにセーブ。これは2014年放送の朝ドラ『花子とアン』(NHK)を書くための割り切りでした。

 さらに中園さんは2018年の大河ドラマ『西郷どん』(NHK)を書くために、2017年秋の第5シリーズは何と全10話中0話。ちなみに2019年秋の第6シリーズは、全10話中5話と半分まで復帰しました。無理して書いて痛快感やリアリティを下げるのではなく、「今は書けないから」と他人に任せてしまえる割り切りが、『ドクターX』のシリーズ化とクオリティを成立させていたのです。

 また、『ドクターX』と『ハケンの品格』はオープニングのナレーションが「盗作か」という噂が流れるほど似ていますが、実際ナレーターは両作とも田口トモロヲさんが担当。内容も放送局も異なる作品であるにも関わらず、それをよしとするのは中園さんの割り切りであり、懐の深さにも見えます。

コロナ禍の今、なぜ中園ミホのドラマが求められているのか? なぜ中園ミホの生み出すキャラクターに引かれるのか? 時代が変わったときほど、思わぬ困難に見舞われたときこそ、「リアルでシビアだけど、痛快で共感できる」エンタメ作の醍醐味を実感できるからではないでしょうか。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。