竹野内豊(49才)が10年ぶりに、月9ドラマの主演に決まったという――。

 7月上旬の梅雨の晴れ間、都内の繁華街で、焼き鳥をテイクアウトする男性の姿があった。黒いTシャツにパンツというシンプルな姿ながら、鍛え上げられた肉体、長身で小顔という抜群のスタイルでマスク越しでもオーラがあふれている。竹野内だった。最近、密かにある決意をしたようだ。

「来年の月9ドラマに主演することを決めたそうです。竹野内さんが月9に出るというのは格別のこと。いまから話題です」(テレビ局関係者)

『ロングバケーション』(1996年)、『ビーチボーイズ』(1997年)、『氷の世界』(1999年)、『できちゃった結婚』(2001年)――フジテレビの月9といえば竹野内という時代が続いた。

「ただ、2010年の『流れ星』以来、月9からは遠ざかっています。40才を目前にしたときに、今後は自分が納得した作品を選んで出たいと考えたようで『オファーしても、なかなか引き受けてもらえない』という話もたびたび耳にしました」(テレビ局関係者)

 月9だけでなく、連ドラへの出演も減っていた。

「以前は1年に2クールペースで出演していましたが、1〜2年に1本ほどになっていました。2017年には月9が決まりかけ、フジは沸いたのですが、ギリギリのところで成立せず出演は流れてしまった。その代わりにと、急きょ制作された月9は当時の史上最低視聴率を記録してしまいました。そんな事件もあって、ますます竹野内さんの月9の壁は高くなってしまった」(前出・テレビ局関係者)

 2018年に綾瀬はるか(35才)主演ドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)への出演が話題となったが、それ以降、連ドラには出演していない。

 そんな中、決定したという今回の月9。フジテレビは、「制作の詳細に関してはお答えしておりません」とのこと。

「原作は『イチケイのカラス』という堅物の裁判官が主人公の法廷漫画です。コミックスは『いままでになかった異色のヒューマンドラマ』、『ドラマ化したら絶対おもしろい』と各所で評判です。裁判官を題材としたドラマはこれまでもありましたが、この作品はほかのどの作品とも違うリアルな人間模様が魅力。竹野内さんも原作を読んで、出演を決め、早くも役作りを考えているそうですよ」(前出・テレビ局関係者)

 気弱な男性、優しい夫、イケメン、役どころによってまったく違う顔を見せてきた竹野内。50才の月9主演ではどんな顔を見せてくれるのか。

※女性セブン2020年7月30日・8月6日号