2020年1月にスノストこと「SixTONES」と「Snow Man」がデビューを果たしたが、彼らに続けと奮闘するジャニーズJr.(以下ジュニア)のグループのひとつが、「Travis Japan」(トラビスジャパン、以下トラジャ)がいる。ジュニアのなかでも屈指のダンススキルが魅力で、世界に誇るダンスグループを目指しているという。グループ名の語源となったのはマイケル・ジャクソンらの振り付けを担当した、世界的振付師のトラビス・ペインだ。

 そんな今注目のトラジャと、日本が世界に誇る“サムライギタリスト”MIYAVIとのコラボが実現した。MIYAVIといえば8回のワールドツアーを実現しているだけでなく、現在では国連UNHCR親善大使としても活動している。

 8月1日に放送された『〜EP.1:ROCK〜 Travis Japan × MIYAVI』(BSフジ系)では、MIYAVIが彼らに提供したリミックス楽曲「Bang! 〜T・J MIX〜」に、わずか6時間でその振り付けを完成させるというミッションが課された。MIYAVIからの楽曲提供を知らされたトラジャメンバーは「リアルにやばい!」と大興奮の様子。

 ジャニーズと世界的ギタリストMIYAVIのコラボに、それぞれのファンはどう感じているのだろうか。15年以上のMIYAVIファンだという女性Aさん(30代)は、ジャニーズとのコラボについても好感を持っているという。

「MIYAVIといえば、今でこそスラップ奏法(※ピックを使わずにエレキギターを指で弾きながら演奏するという)で世界中から注目されているギタリストですが、昔はヴィジュアル系バンドのメンバーとして日本の小さなライブハウスから出発した。そして今、世界中で愛されるギタリストになりました。

 Travis Japanも世界進出を目指して活動していると聞きました。MIYAVIの生み出す音楽は、過去には三浦大知さんとのコラボで注目されたように、ダンスミュージックに昇華しやすいと思う。ジャニーズも日本が世界に誇る文化のひとつなので、コラボはMIYAVIファンとしても光栄です。実際に放映された番組を見て、MIYAVIの音楽の世界観と彼らのダンスの世界がうまくマッチしていて、その表現力に驚かされました。いつか彼らがデビューするのが楽しみです」(Aさん)

 実は、ジャニーズとMIYAVIのコラボレーションは今に始まったわけではない。MIYAVIのファンで、ジャニーズにも詳しい女性Bさん(40代)は、その“コラボ履歴”についてこう語る。

「今回トラジャとのコラボで注目されていますが、じつはMIYAVIはジャニーズに何度も楽曲提供しています。山P(山下智久)には2013年に『Stand Alone』、SMAPには2014年に『Top Of The World』、2015年に『Otherside』を提供しています。楽曲提供ではないですが、テレビではKAT-TUNとコラボも披露しています。

 特に私が一番好きなMIYAVIとジャニーズのコラボ楽曲が、2018年にKis-My-Ft2に提供した『FREEZE』です。彼らの後輩で親交の深いSnow Manは、デビュー前のジュニア時代、コンサートでこの楽曲をカバーしていました。本家のキスマイバージョンはオトナの色気がありますが、Snow Manは得意なアクロバットを生かしたバージョンでとてもカッコイイ。

 個人的には、MIYAVIには今後、デビュー曲をYOSHIKIさんが楽曲提供したSixTONESにも楽曲提供してほしいです。SixTONESの曲は洋楽調のものが多いので、MIYAVIの作る曲の世界観と相性がいいと思います」(Bさん)

 近年、海外の作詞・作曲・編曲者を多く起用し、音楽シーンの壁を超えた多ジャンルのアーティストとのコラボレーションも実現させているジャニーズ事務所。Bさんが語るように、YOSHIKIによるSixTONESデビュー曲の提供も記憶に新しい。

 これまでSMAPや嵐など「国民的アイドル」を生み出してきたジャニーズ事務所だが、現在はYouTubeやInstagram、中国のWeiboでの発信を進めるなど、世界を視野に入れた海外向けのプロモーションも強化している。番組終盤でMIYAVIからトラジャに向けて伝えられた「すべては衝動(Bang!)から始まる、想いがなければ何も始まらない」というメッセージは、CDデビューを目指すトラジャのメンバーにも強く響いたのではないだろうか。