放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、坂上忍が指導する子役たちの活躍について。

 * * *
 坂上忍が『バイキング』(フジテレビ系)のMCを月〜金の帯で担当するようになって5年。後に続く『直撃LIVEグッディ!』が9月いっぱいで終了し、『バイキング』が3時間枠に拡大されるのではという報道が出てからは、坂上にまつわる様々な記事が連日ネットニュースにあがっている。

 坂上は、そうした記事を「ブレるのが嫌なので一切見ない」と言い、たとえば『バイキング』火曜レギュラーのヒロミは「お前は絶対に見ないほうがいい」と茶化す。確かに、ずいぶん間違っている記事が多いので、私も「見ないほうがいい」と思いつつ、坂上を叩く書き手は、『バイキング』で「MCを演じている坂上」しか知らないのかもしれないなと思ったりもしている。

 実は、全く異なる坂上の一面を支持しているファンは多い。『坂上どうぶつ王国』(同)のMCでもあり、プライベートでも犬や猫を積極的に保護している坂上は、千葉県内に、「ドッグラン」と言っても過言ではないほどの広い庭付き一軒家で犬猫17兄弟と暮らしている。彼らとの日常は、「坂上忍オフィシャルブログ『綺麗好きでなにが悪い!』に詳しく、Amebaブログでは「男性タレント部門」で常に1位か2位の人気を誇っている。

「その子しかできない演じ方」を探り、育てる

 では、そのブログの中で、週末、ごく稀に出てくる「キッズ・スクール」について御存知の方はどれぐらいいるだろうか。子役出身の坂上が総合プロデュースする少人数制のキッズ・アクターズスクール『アヴァンセ』である。

 同校のHPの「ごあいさつ」によれば、坂上が近所の児童劇団に入団したのは2才8か月のとき。おばあちゃん子だった彼は、おばあちゃんが亡くなったのをきっかけに、ほとんど口をきかなくなってしまったのだとか。心配した母親はまず病院へ。そこで医師から「習い事でもしたら」とアドバイスを受け、児童劇団入団と相成ったそうだ。

 劇団での坂上は劣等生だったそうだが、大半のオーディションに合格し、「天才子役」の名をほしいままにしてきた。私は、1976年、NHK『銀河テレビ小説 となりの芝生』の坂上の演技に「この子は凄い」と感じ、以来、追っかけのように作品を視聴している。現在はMCの仕事が圧倒的に多いが、幼少期の経験から、画一的な指導ではなく、無限にあるという「その子しかできない演じ方」を探り、育てていくことをスクールのモットーにしているそうだ。

 だから、レッスンは、ほぼマンツーマン。その子の性格や魅力を知るために、親御さんとも丁寧なコミュニケーションをとりながら指導していくとのことである。

坂上の演技指導で、表情が輝いていく子供たち

 コロナ禍では、坂上が直接指導をする機会は減ってしまっているそうだが、スクール内には坂上が信頼している複数の演技指導者がいて、彼らと連携しながら子供 たちと向き合っているそうだ。

 そんな坂上のレッスンを、同スクール内とは別の場所で見たことがある。『バイキング』のロケで、東日本大震災の被災地に、坂上とフジテレビの榎並大二郎アナが「お手伝い」に行く企画内。坂上は、「お手伝い」の一環として、演劇部に所属する被災地の子供たち一人一人に対し、根気よくレッスンをつけたのである。

 驚いたのは、坂上が子供たちに優しく、しかも丁寧語を使っていたことだ。子供が役に入る際にも、ハッキリ大きな声で「お願いします!」と合図。子供が役に入り込んでいくと今度は「もっと」「もっと、もっと」と鼓舞しながら、真剣な眼差しで見守り続ける。果たして子供の表情がどんどん輝いていき、格段に声も出てきて、素人目にも指導前のそれより、いい演技をしているのがわかった。

話題のドラマ、CM、大河などに抜擢される子も

 これをキッズ・スクールでもやっているのかと思ったら、どんな子供たちがいるのか見たくなってきた。

 で、資料を取り寄せて見て驚いた。「出演情報」のトップを飾るのは、現在オンエア中の『SoftBank』のCM「5Gってドラえもん?」シリーズの「タケコプター編」でジャイアンを演じる「寺澤徠稀(てらさわ・らいき)」だ。プロフィールを見ていたら、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない名探偵24時!』(日本テレビ系・2015年)で「ミニ藤原」役をしたとある。「松本、浜田、アウト〜」でおなじみの吉本興業(株)の代表取締役副社長、藤原寛氏の「ミニ」というワケ。適役だ。

 さらに、市原隼人主演『おいしい給食』(TOKYO MX)のドラマと劇場版(映画)にも出演。同作を私はかなり熱心に見ていたのだが、そういえば、子供らしい子供たちが大勢出ている作品だった。寺沢くんの他に「りょうた」も坂上の教え子だ。

 また、「石澤柊斗(いしざわ・しゅうと)」は、2021年大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)で、渋沢喜作の幼少期を演じる。青年期をやるのは高良健吾。近年、大河ドラマに登場する子役は、漏れなく話題になるので、石澤くんの活躍を見るのが今から本当に楽しみだ。

 子供らしい子供と言えば、『花王メリット』のCM「夏 帰ったら、すぐ髪も洗おう」編で、風間俊介と麻生久美子が演じるパパ、ママとリビングやバスルームにいるのは「植田龍輝(うえだ・りゅうき)」。『東京ラブストーリー』(FOD×Amazon Prime)にも出演している。

 女子では『時効警察はじめました』(テレビ朝日系)で、趣里の幼少期を演じた「石川令菜(いしかわ・れな)」。ヒップホップダンスの特技を生かして『Eダンスアカデミー』(Eテレ)でEダンスキッズ・レギュラーだ。

 若かりし頃の坂上が疑問に感じていたという「なぜ子供たちはみな、同じ顔をして、同じような芝居をするのか?」に自ら応えるべく、「その子らしさ」「子供らしい顔」を大切に、「しっかりした演技を身につける」。児童劇団の劣等生だったのに行く先々のオーディションに受かりまくり、多くの話題作に出演。さらには、出役のみならず作り手の目線も併せ持つ坂上忍だからこそ理想的に育っている子供たちは、今夏、其処かしこで大きな話題となっている。