ソニーミュージックとJYPエンターテインメントとの共同オーディション番組『Nizi Project』からデビューした「NiziU」は、日韓で大きな反響を呼んでいる。韓国大手芸能事務所は「次のNiziU」を発掘しようと既に動き出しているようだ。ソウル在住のKDDI総合研究所特別研究員・趙章恩さんが解説する。

 * * *
 今年のK-POPはガールズグループが大躍進している。この6月にIZ*ONEが4か月ぶりに新曲『幻想童話(Secret Story of the Swan)』を発売し、TWICEも療養のため活動を休止していたミナが戻り、9か月ぶりにメンバー9人揃って新曲『MORE & MORE』を発表し活動を再開した。BLACKPINKも1年2か月ぶりに新曲『How You Like That』でカムバックを果たし、特に人気のある3大ガールズグループが同時期に新曲を発表し注目を浴びている。また、6月最後の日にもNiziUがデジタルミニアルバム『Make you happy』をリリースし、韓国アイドル業界のニューフェイスとして華々しくプレデビューした。

 10〜20代の間で最近ブームになっているのが、「ガールクラッシュ」と呼ばれる、「可愛いよりはかっこいい」、「女性に愛される強い女性」をコンセプトとしたBLACKPINK。だが、従来のガールズグループの王道とも言える、「元気いっぱいで可憐」なイメージのIZ*ONE、TWICE、NiziUは男女老若に根強い人気で、ガールズクラッシュとの差別化の意味でも、韓国内で改めて評価されている傾向がある。

 IZ*ONE、TWICE、NiziUの共通点は、オーディション番組から生まれたグループであること。デビュー前からオーディション番組を通して見守ってきたファンは、彼女らの人柄や才能、陰ながら努力する姿勢や成長する姿に感動し応援する。厳しい「K-POP式養成システム」で生き残った根性や、世界を舞台に活躍するための語学の勉強、ダンスの練習、作詞・作曲、プロデュースなどに励むメンバーの姿は、最初から完成されたアイドルよりも、より親しみを持って応援したくなるファン心理が働き、熱狂を呼んでいる。

 また、もう一つの重要な共通点が、この3つのガールズグループには日本人メンバーがいるという点。NiziUに至っては、日本人メンバーが中心だ。語学のハンデを超えて韓国ファンとのコミュニケーションを積極的に行う姿勢や、特に厳しい韓国のK-POP式養成システムを経験していることもあって、歌もダンスもずば抜けて上手いメンバーが揃っており、韓国人メンバーと変わらず愛されている。

 韓国の芸能事務所はIZ*ONE、TWICE、NiziUに続けと、積極的に日本人メンバーを起用しようとしている。今や世界的人気となったアイドルグループのBTS(防弾少年団)を育てた韓国の大手芸能事務所ビッグヒットエンターテインメントの日本法人は6月、日本に住む2001年以降に生まれた10代女性を対象にオーディションを実施すると発表した。歌やダンスが未経験でもオーディションに応募できることから、可能性を秘めた人材を一からアイドルとして育てたい意向があるようだ。

 これまで、ボーイズグループを中心に力を入れてきたビッグヒットエンターテインメントがガールズグループを育成するということで、韓国メディアは「ついにビッグヒットエンターテインメントが次世代のガールズグループを企画」「日本で日本人メンバーを発掘する」と大々的に報道し話題になった。

 ボーイズグループでも日本人メンバーが起用され始めている。現在放送中の、ビッグヒットエンターテインメントからデビューする「第2のBTS」を選ぶオーディション番組『I-LAND』でも日本人練習生が活躍しており、韓国大手芸能事務所YGエンターテインメントから8月7日にデビューしたばかりの12人組ボーイズグループTREASUREにも、日本人メンバーが4人含まれている。「I-LAND」は回を重ねるごとに反響が増しており、今後日本人練習生がデビュー組に入れるか、韓国ファンも大いに注目している。

【趙章恩】
ジャーナリスト。KDDI総合研究所特別研究員。東京大学大学院学際情報学修士(社会情報学)、東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。韓国・アジアのIT・メディア事情を日本と比較しながら分かりやすく解説している。趣味はドラマ視聴とロケ地めぐり。