東出昌大(32)、渡部建(47)をはじめ止むことがない不倫スキャンダル。彼らへの風当たりは強く、メディア露出の激減、あるいは休業を余儀なくされるなど“重い代償”を支払うハメになった。

 しかし、かつて不倫で騒がれた大物タレントたちは、確かに叩かれはしたものの、いつの間にか騒動を切り抜けていたように見える。変わったのは世間か、芸能界の“不倫の作法”か。失礼を承知ながら、1996年に「不倫は文化」の名言を残した石田純一(66)に聞いてみた。

 石田は4月に新型コロナ感染で世間を騒がせたが、7月中旬にも4泊5日で福岡に行き、昼はゴルフ、夜は連日女性たちを交えた宴会で「20代女性を“お持ち帰り”した」と報じられている。彼に問わずして誰に問う。自宅前で話を聞いた。

──近頃の不倫騒動についてお話を伺いたい。

「いやいや、もういいですよ。僕が言えることじゃないから(苦笑)」

──いえ、不倫論といえば石田さんです。

「そんなこと言われてもなぁ。みんなそれぞれの人生だから、良いか悪いかは判断できるでしょうし……。ただ、僕の一件も含めてね、最近はみんな感情的になり過ぎてるのかな。吊し上げとか集団リンチのように思います。“それで私をどうしたいんですか?”って言い返したくなりますよ」

──石田さん自身も渦中で。

「もう断罪されております(苦笑)。過激な人たちが熱心に、局とかスポンサーの会社にクレームつけるっていうのが実情です。仕事にもずっと支障が出てます。どうやって対抗していこうかと考えています」

──直近の「お持ち帰り」騒動の真相は?

「こんな時に馬鹿騒ぎなんかしないですから。ましてお持ち帰りなんて、品がないですよ。まあ、今は家で大人しく過ごしてます」

──ズバリ、石田さんの考える不倫の作法とは。

「ハハハ、作法なんてないと思いますよ。考えたこともない。そもそも私はそれを言う立場にないので。

 だけどひとつ言えることは、不倫を否定するのは簡単だけど、実際に世の中には存在してるっていうこと。それが善か悪かで言えば、たぶん善ではない。当然。それはわかってる。でも、いつの時代も必ず不倫は存在している。それはなぜなのかっていうことをもう少し考えてみてもいいのかな、とは思いますよ」

 そしてこう続けた。

「あと大事なのは、不倫関係というのは、『終わるのが前提』ということです。終わることがわかっている恋愛をできるかどうか。そしてそれをどうやるか。“しっかり終わらせる”ことが不倫の流儀と言えるかな」

 これが石田なりの作法ということか。

※週刊ポスト2020年8月28日