芸能人の不倫が発覚すると、猛烈なバッシングが巻き起こる。CM降板、番組降板、自粛など、その不貞行為が人生を急転直下させることもしばしばである。

 しかし、かつて不倫で騒がれた大物タレントたちは、確かに叩かれはしたものの、いつの間にか騒動を切り抜けていたように見える。そんな偉大な先達の目に近年の芸能界不倫劇はどう映るのか。

 本誌・週刊ポスト記者が直撃を試みたのは、大鶴義丹(52)だ。2004年、女性を自宅に招き入れていたところに妻・マルシアが帰宅するという、“はちあわせ不倫”を経験した大鶴。釈明会見では「マーちゃん、ごめんね」という謝罪コメントを発したが、結局同年にマルシアと離婚した。

 その大鶴は、アンジャッシュ・渡部建(47)の不倫が発覚して間もない6月30日、夕刊フジに連載中のコラム『やっぱりOUTだぜ!!』で、「芸の肥やし否定論」と題し、こう綴っている。

〈芸能人の下半身トラブルなどは昭和芸能ではセーフであった。ネットやデジタル映像がなかったから表面化しなかったが、もっとひどい話や噂も多数見聞している。「芸の肥やし」とはよくいうが、下半身事情に対する曖昧さが、芸能の役に立ったかといえば疑問がある〉

〈(SNSの進化から)可能性の扉は桁外れに増えている。海外進出のルートも増え始め、私たち世代からしたらうらやまし限りの時代である。可能性の増量はリスクも伴うのは当たり前だ。「一発アウト」の足の引っ張り合い時代である。何かを目指すのなら、徹底した自己防御も必然だろう〉

 SNSで芸能活動の可能性が広がるメリットと引き替えに、それに伴うリスクを覚悟すべきという考えのようだ。

 直接、大鶴に話を聞くべく訪れたのは、母・李麗仙との二世帯住宅。“はちあわせ不倫”の現場となったことから、周囲では「呪いの館」と呼ばれていることを、過去に大鶴自身がテレビで明かしている。

 猛暑の中、待てど暮らせど大鶴は出てこない。インターホンを鳴らしてみても、応答はゼロ。仕方なく所属事務所に電話した。担当者に企画の意図を説明すると、「すごい企画をやりますね」と大笑い。取材依頼書を送付したが、返事は、

「本人的に、ちょっとこのテーマで話すのは難しそうです……」

※週刊ポスト2020年8月28日号