「離婚? それはないと思いますけど…」。8月17日、自宅前で本誌・女性セブン記者の直撃に答える石田純一(66才)の表情は険しかった。

 今年4月、石田は緊急事態宣言が出ている最中に沖縄県入り。ゴルフをプレーした上に新型コロナに感染し、大バッシングにさらされた。だが、懲りずに今度は7月に福岡県でゴルフと宴会に興じ、その宴会後には同席した女性を“お持ち帰り”したと報じられた。これに石田は猛反発しているが、妻の東尾理子(44才)との離婚まで囁かれる最悪の事態になっている。

「そもそも理子さんは沖縄に行くことを反対していたんです。それでコロナに感染したことで、“考え方が全く合わない”と理子さんは激怒。離婚危機とまでいわれたのに、福岡で同じようなことをして…夫婦仲は最大のピンチでしょう」(芸能関係者)

 理子は、石田が4月にコロナに感染して以降、SNSの更新を4か月以上もストップ。沈黙を貫く彼女はいま、冷静に将来を見据えているという。

「賢い人ですから、仕事が減っている石田さんの現状を見て、いま離婚することは得策ではないと判断しているみたいですよ。長男の理汰郎くんもまだ7才で、下にも2人いる。これからお金が必要ですからね。石田さんに離婚を突きつけるのではなく、“とにかく貯金しておいて!”と口を酸っぱくして言っているみたいです。1か月くらい前に別荘を売ったのも、将来を考えてなんでしょう」(理子の知人)

 3人の子供のことを考えると「いまは離婚すべきではない」と、理子はそう最終ジャッジを下したようだ。

「もっとも理子さんへの風当たりも強いですよ。子供が通う小学校では悪目立ちしないよう控えめに行動している一方で、ママ友づきあいも疎かにしない。でも、ママ友の中には石田さんの言動をよく思っていない人も当然いて、理子さんは肩身の狭い思いをされているようです」(前出・理子の知人)

 冒頭の直撃時、記者が石田に理子のママ友関係について質問すると、唐突にこう明かしたのだ。

「ママ友の中には、われわれを悪く言う人もいるでしょう。でも、仲がいいママ友は大丈夫です。…あと1回、(週刊誌に)載ったらアウトなんですよ。だからもう…だからもう…」

 それに続く言葉は、出てこなかった。

※女性セブン2020年9月3日号