嵐が笑顔で揃い踏み! 年内で活動休止を表明している中、コロナ禍の影響でライブは延期に…。5人で公の場に登場するのは昨年の『NHK紅白歌合戦』以来、約8か月ぶりとなったが、息の合ったトークで変わらぬ仲のよさを見せた。

 8月5日、ソフトバンクと嵐の5G プロジェクトに関する発表会が行われた。ソフトバンクの新CMでは、5G(第5世代移動通信システム)の技術を駆使し、嵐とファンの初共演が実現! 

 以前から5Gに興味があったという松本は「いままで見たことのない新しい未来を感じる技術がある。新たな景色を、みんなといっしょに作りたいと思います。ファンの皆さんにワクワクしていただくような体験を、たくさんお届けできたら」と笑顔を見せた。

 そんな発表会の様子を、細かく紹介しよう。

5Gバーチャル大合唱を初公開!「想像を超える仕上がり」

 360度のバーチャル空間を舞台に、指揮者になったメンバーとファンが嵐の人気曲『Love so sweet』を歌う映像を融合した“5Gバーチャル大合唱”を実現。この会見でメンバーも初めて完成CMを見て、その仕上がりに感激!

【相葉雅紀】
「あれだけのファンの皆さんの声が重なると、あんな迫力になるのか…とびっくりしました。場所は違うのに、ここでひとつになることができる。幸せな気分になりました」

【大野智】
「仕上がりを見てびっくりしました。グリーンバックの難しい撮影でしたが、仕上がりを見るとコンサート空間のような壮大な印象ですね」

【松本潤】
「こんなにたくさんのかたが参加してくださったおかげで、素敵なCMになりました。まだ第1弾なので、もっともっと5Gの技術を使って、ワクワクするようなコンテンツを作っていきたいですね」

【二宮和也】
「ファンの皆さんの宝物になってくれたらいいな…と思います。ぼくらも5Gにほぼ初めて触れて、それをファンのかたがたと楽しむことができてうれしかったですね」

【櫻井翔】
「ファンのかたに参加していただくCMは初めてなので、仕上がりをすごく楽しみにしていました。撮影しているときは(グリーンバックで)5人だけだったんですけど、想像以上の仕上がりになりました」

嵐が5Gでやりたいことを告白

 トークコーナーでは、5Gの技術を使ってやってみたいことを明かした5人。それぞれ個性あふれる回答が飛び出した。もしかしたら、誰かの夢想が実現する日が来るかも!?

松本潤:5Gパーソナルバーチャルトレーナー
「低遅延で大容量の通信によって映像が届くので、違う国にいる一流のトレーナーからリアルタイムで教わることもできます。VRで作った崖を登るとか、その場にいなくてもできることが飛躍的に増える。(ハワイの)ダイヤモンドヘッドが見えるビーチで走ることもできますね」

二宮和也:5Gでなんでもドローン
「ニュースでもドローンが荷物を運ぶ映像を見ますが、5Gになったらレベルが違う! 自分の好きなところに届くのは魅力的なので、荷物の受け取りを体験してみたいです。空には無限の可能性があるから、5Gを使って日常を豊かにしてほしい」

櫻井翔:5Gスマホ病院
「5Gは医療とセットで話題になることもあり、興味がありました。離島や外出するのが難しいかたも、5Gの技術で治療を受けることができて安心感が増すと思います」

相葉雅紀:キックボクシング5G武者修行
「キックボクシングを教えていただいたり、トレーニングをして、自分が少し強くなったらバーチャルで戦える。格闘ゲームがリアルにできる感覚です。有名な選手と戦うこともできて魅力的です」

大野智:5G大野智の史上初!たぶんだれもやってないキャンプ
「ぼくはまだキャンプをしたことがないけど、5Gを持つようになったら、いろいろな場所でのキャンプを味わってみたい。虫も出ないし熊も出ないし、安心してキャンプができます。どこでも行けちゃうから飽きませんね」

相葉ちゃんが「VR SQUARE」を体験

 スポーツやライブを、その場にいるような臨場感で体験できるアプリ「VR SQUARE」。相葉は嵐のメンバーといっしょに踊るバーチャルコンテンツを生体験した。

 VRゴーグルを装着した相葉は、ぐるぐると回転しながら「嵐といっしょに普段踊っている距離感よりも近い! 手を伸ばしたら届きそうな迫力」と言いながら、思わず手を伸ばす場面も。「どこ見ても嵐がいるし。えーっ!? 欲しい。何だ、これ!!」と興奮しきりだった。

ニノが「FR SQUARE」を体験

 スポーツやライブを、普段は見られないアングルや特定の人物を選んで見ることができるアプリ「FR SQUARE」。二宮がスマホを操作して、映像の切り替えを楽しんだ。

「大野さんは歌ってないときに休むクセがあるから、チェックしておこうかな〜」とイジりながら、大野がメインとなる映像をセレクトした二宮。「(休むのが)難しくなる時代ですね〜」と返答する大野に、会場からは笑いが起きた。

※女性セブン2020年9月3日号