新型コロナウイルスに感染したことが明らかになって以来、何かと世間を騒がせている石田純一(66才)。妻・東尾理子(44才)との関係悪化も囁かれている。

 外出自粛が求められていた4月上旬、石田は仕事で訪れた沖縄でのゴルフプレー中に体調を崩し、そのまま新型コロナウイルス感染が発覚した。その後、約1か月にわたる入院を経て快復したが、5月には都内で女性との飲み会に参加したことが報じられる。さらに、7月中旬には福岡でゴルフや宴会を楽しんでいたことも発覚。奔放な生活に対する批判も少なくない。

 まさにバッシングの真っ只中にある石田だが、マスコミの直撃取材に対しては、愚直なまでに答えている。

「石田さんは、自分のことだけでなく、妻である理子さんのママ友関係の話についても、話しています。離婚の危機だなんて言われている最中なのだから、普通であればスルーしますよ。それどころか『週刊女性』の取材に対しては、バッシングの背景に“黒幕”がいるなんていう発言も飛び出しています。素直に自分の気持ちを伝えているだけなのでしょうが、サービス精神が旺盛すぎるような気もする。マスコミに対して、ここまで何でも話すのは、芸能界の中でも石田さんくらいでしょうね」(芸能事務所関係者)

 かつて“不倫は文化”という芸能誌に残るフレーズを生み出した石田。しかし、1998年には不倫報道をきっかけに、当時メインキャスターとして出演していた『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)を降板。その後、長年にわたる低迷期も経験している。

「当時から、石田さんはマスコミ対応がよかった印象がありますね。印象に残るような返答をしてくれるということで、マスコミとしてもありがたい存在だったことは間違いないでしょう」(前出・芸能事務所関係者)

 低迷期を経た石田は、かつての“トレンディー俳優”のような活動ではなく、バラエティー番組やイベント出演がメインとなっている。エンタメ業界に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏は、石田についてこう分析する。

「たとえば芸能界で不倫騒動が起きると、“ご意見番”的な枠割として石田さんにコメントを求めるメディアも多い。ひな壇系のトーク番組などでも不倫に関する話題があれば、キャスティング会議では間違いなく石田さんの名前が挙がるはず。つまり、過去の騒動をうまく今の仕事につなげているわけです。石田さん自身も、その部分は十分に理解しているように見えますね。だからこそ、何があってもマスコミにはしっかり対応し、つねに忘れられないようにしているのではないでしょうか。頻繁に芸能マスコミに登場することで、“スキャンダラスだけで物腰が柔らかで親しみやすい”という特異なキャラクターを確立したのだと思います」

 昨今の石田は、企業の記者会見イベントのゲスト出演も多い。

「石田さんは、定期的にワイドショーを賑わすタレントさんなので、つねに何らかの話題性がある。会見をいろいろな番組やネットニュースに取り上げてほしい企業が、つねに芸能マスコミのネタにされている石田さんをゲストに起用するのはとても自然なことですね」(大塚氏)

 そんな石田だが、コロナ感染以降は仕事が激減しているという。

「そもそも今はコロナ対策で企業の会見イベントそのものが減っているという現実もある。バッシングがなかったとしても、石田さんの仕事の減少は避けられなかったのではないかとも考えられます。しかし、裏を返せば、今話題になっておけば、コロナ収束後にイベント開催が増えたときに、石田さんの出演が増える可能性もあるでしょう。そういった計算もあったうえで、石田さんは週刊誌の直撃取材に答えているのかもしれませんね」(大塚氏)

 叩かれるだけでは終わらないのが石田純一。さすがは、長年ワイドショーのネタになり続けているだけある。