3月末に、新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した志村けんさん(享年70)。生前愛用していた高級外車「キャデラック・エスカレード」を、お笑いコンビ『千鳥』の大悟(40才)が購入していたことが報じられているが、ほかにも、“相続”は進んでいるという。

『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)の司会を16年間務めた志村さんは、プライベートでも動物好きで有名だった。これまで計7匹の犬を飼っており、亡くなる直前には、豆柴の「殿(との)くん」とゴールデンレトリバーの「チロくん」とともに暮らしていた。

「志村さんは、自宅の庭に犬用のプレハブ小屋を建てるなど、愛犬をわが子のようにかわいがっていました。散歩は1匹ずつ連れて行くのがルール。長いときは犬が満足するまで、2時間も散歩していたようです」(志村さんの知人)

 なかでも殿くんとは深い絆で結ばれていた。殿くんと出会ったのは、2010年に『天才!志村どうぶつ園』のロケで訪れた豆柴ブリーダーの施設。そのとき志村さんは、すでにほかの犬を飼っていたが、殿くんのキュートな姿に魅了され、一緒に暮らし始めたのだ。

「殿くんも志村さんにとてもなついていて、この3月、コロナで志村さんが入院してからも、しばらくは玄関先で主の帰りを待っていた。1週間ほどで志村さんがもう帰ってこないことに気づいたのか、今度は寝室に行き、志村さんのにおいが残るベッドで丸まっていたそうです」(前出・志村さんの知人)

 志村さんにとって2匹は家族同然。しかし、コロナで入院直後から意識を失い、そのまま帰らぬ人となったため、家族の“相続問題”は未解決のままだった。

「亡くなった当初、関係者の間では番組で共演していた嵐の相葉雅紀さん(37才)が引き取るのでは?とも囁かれていました」(テレビ局関係者)

 志村さんは遺産整理をせずに亡くなったと報じられたが、愛犬に関しては別だった。こんな“遺言”を残していたという。

「日頃から犬のお世話をしていた2人の家政婦さんに、“自分にもしものことがあったら2匹を頼む”と話していたそうです。いま、殿くんとチロくんは、それぞれ家政婦さんの元で元気に暮らしていますよ」(前出・志村さんの知人)

 志村さんのもう1つの遺産である『天才!志村どうぶつ園』は9月で終わり、10月からは相葉が新MCの動物番組が始まる。

 番組終了に際して、志村さんの“形見分け”が進んでいるという。

「番組で志村さんが首に巻いていたピンクのバンダナと同じ物が100枚以上も残っているんです。番組終了のタイミングで共演者やスタッフに配られる計画があるようです」(前出・テレビ局関係者)

 志村さんの“遺産”は、彼の信頼する仲間たちに託された。天国の志村さんも安心しているに違いない。

※女性セブン2020年9月10日号