1966年開始の『笑点』(日本テレビ系)は、今年で55年目に突入した。現在も続く番組の中では『NHKのど自慢』(NHK)、『題名のない音楽会』(テレビ朝日系、途中8ヶ月間休止あり)、『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)に次いで4位の長寿番組になる。主な理由として、「時間帯の変更なし」「家族3世代で視聴可能」「メンバーの明確なキャラクター付け」などが挙げられている。

 一方で、マンネリとも批判される番組はどうして人気を保てているのか。笑点研究家で、ライターの岡野誠氏が『三遊亭小遊三の下ネタ』を詳細に分析しながら、“目に見えない変化”を考察する。

 * * *
 一時よりも、三遊亭小遊三の下ネタが増加し、存在感も強くなっているのではないか──。今年の『笑点』を見ていて、こんな考えが頭に浮かんだ。

『笑点』メンバーで、司会者に1番近い位置に陣取る小遊三には、主に『下ネタ』『イケメン・キザ』『泥棒』という3つのキャラクターがある。毎週のように、これらの個性を押し出しているイメージがあるが、実際にはどのネタを最も答えているのだろうか。

 今年1月5日から8月23日まで『笑点』の大喜利は26回放送され(※)、小遊三は128回答、1オンエア平均4.92(小数点3位以下を四捨五入)となっている。

【※8月23日『24時間テレビ』内の『チャリティー笑点』では通常の大喜利(座布団運びに佐々木希)、『24時間テレビ』パーソナリティー(V6井ノ原快彦、NEWS増田貴久、Kis-My-Ft2北山宏光、ジャニーズWEST重岡大毅、King&Prince岸優太)との対抗大喜利と2度あった】

『デジタル大辞泉』(小学館)によれば、下ネタは「性や排泄に関する話題」という意味で、“しも”は下半身の意だという。この定義を元に『下ネタ』に当てはまるかを総合的に判断しながら、3つの回答数を調べると、以下のようになった(※パーセンテージは小数点2位以下を四捨五入。以下同)。

【1位】下ネタ:51回(39.8%)
【2位】イケメン・キザ:13回(10.2%)
【3位】泥棒:11回(8.6%)

 主要3つのキャラネタが58.6%に上り、実に下ネタは全体の約4割を占めた。今年、小遊三が下ネタを言わなかったのは4週だけ。最も多かった週は4回(1月12日、5月3日)、最も高い確率の週は75%(4回答中3つ。5月10日、7月26日)にも及ぶ。5月24日から6月7日にかけては、5連発したこともあった。

 では、小遊三はどんな言葉を発しているのか。下ネタ頻出ワードベスト3を挙げてみよう。

【1位】「スッポンポン」6回
【2位】「袋とじ」4回
【3位タイ】「女湯」「壇蜜」「トイレ」「裸(素っ裸含む)」「ノーパン(ノーパンダ含む)」3回

「壇蜜と言ったからといって、下ネタとは限らないのでは?」という疑問も浮かぶだろう。たとえば、3月1日の「座布団を 十枚とったら 欲しいもの」を頭に五七五七七の短歌を考えてください」という問題で、小遊三は「座布団を 十枚とったら 欲しいもの 壇蜜連れて お忍びデート」と答えている。この部分だけ見ると、「下ネタ」とは判断できない。しかし、回答後に司会の春風亭昇太に「お忍びデート、壇蜜さんとしたいですか?」と聞かれると、小遊三は「したいね。それも暗〜いところへ」と笑みを浮かべた。よって、この回答は下ネタと結論を下した。

 現実的に、“誰が言ったかで下ネタか否か決まるケース”もある。5月10日の2問目で小遊三は「私はAIの高村光太郎である。(昇太:一言お願いします)そこのお姉さん、何かこうたろ(光太郎)か?」と答えた。

 もしピンクの着物を羽織る三遊亭好楽がこの回答後にドヤ顔をしたら、周囲は「光太郎」と「こうたろ(=買ってやろう)」を掛けたと判断し、単なるダジャレなのにどうしてドヤ顔をするのだろう……という思考が頭を巡るかもしれない。

 しかし、小遊三の回答に対し、司会の昇太は「なんかね、問い掛け方がいやらしいんですよ。山田さん、1枚持ってって!」と座布団を取った。他人が“いやらしい”と感じているため、これは下ネタと判断する。

 このように、普通ならそう聞こえない回答も、小遊三のキャラクターから周囲が下ネタと受け取る傾向もある。

 今年の大喜利26回の内、メンバーの回答総数は784に上っている。下ネタを数えると、小遊三の51回に対し、他の5人は計25回しかない。そのうち、小遊三いじりが10回ある。つまり、2020年『笑点』の下ネタ全76回中61回は小遊三絡みで、下ネタ占拠率は80.3%に上る。

 しかも、他のメンバーの下ネタは「痔が治った人(司会:なんて出た?)ジ・エンド」(2月16日・好楽)などほぼ排泄関連に留まっており、いわゆる“エロネタ”は水色の着物の独占状態になっている。

2000年代前半は今ほど下ネタを言っていなかった

 思い返せば、5代目三遊亭円楽が司会を務め、回答者に桂歌丸、林家こん平がいた2000年代前半の『笑点』では、小遊三は現在ほど下ネタを言っていなかった。今年と同じ回数で比較するため、2003年前半の大喜利26回(1月5日から6月29日まで)を調べてみると、小遊三は169回答している。主要ネタ3つの数と確率は以下になる(※1つのネタに両方の要素がある場合は、それぞれ1カウント)。

【1位】下ネタ:34回(20.1%)
【2位】イケメン・キザ:13回(7.7%)
【3位】泥棒:25回(14.8%)

 同時期、他のメンバーは計38回も下ネタを言っており、小遊三1人の数を上回っていた。そのうち、小遊三いじりは2回だけ(4月20日・歌丸、5月25日・好楽)。つまり、下ネタ全72回中36回が小遊三絡みで、ちょうど半分の50.0%だった。改めて表に直すと、こうなる。

【小遊三回答の下ネタ率】2003年20.1%→2020年39.8%
【下ネタの小遊三占拠率】2003年50.0%→2020年80.3%

 比較すると、回答率は倍増し、占拠率は8割を超え“小遊三の下ネタ独占状態”が起こっている。

 2004年にこん平が病気療養のために休演し、2006年に5代目円楽、2016年に歌丸が司会を降りた。キャラクターの強い彼らが去ったことで、番組全体として小遊三の個性を相対的に浮かび上がらせる必要があったのかもしれない。

 たとえば、林家木久扇は2003年前半26回の大喜利で、9回の下ネタを繰り出していた。しかし、今年はまだ5回しかない。

「いや〜ん、ばか〜ん」という自身のヒット曲の披露は、両期間とも1回ずつだけ(2003年6月29日、2020年8月23日。今年4月26日に三平が「木久扇師匠は意外と無邪気」と答えた後、木久扇が“無邪気”の表現としてなぜか発したが、回答以外の場面のため除外)。

 17年前は青江三奈のヒット曲『伊勢佐木町ブルース』のネタを4月20日、5月25日、6月15日と3回使っていたが、今年は1回も登場させていない。また、2020年の小遊三の下ネタ頻出ワード1位の『スッポンポン』は、2003年はこん平が1回使用(1月26日)しているが、今年の他のメンバーは誰も言っていない。

 つまり、小遊三自身が下ネタを増やし、他のメンバーは控え目にすることで、そのキャラはより一層際立っている。番組は変わっていないようで、少しずつ動いているのだ。

『笑点』には、マンネリという批判が絶えない。しかし、既存の客を逃さないように大胆な改革は敢えてせず、このような“目に見えない変化”を起こすことで、視聴者を飽きさせないように工夫を凝らしている。だからこそ、長寿番組になっているのだろう。

■取材・文/岡野誠:ライター、松木安太郎研究家、生島ヒロシ研究家。本人や関係者への取材、膨大な一次資料、視聴率などを用い、好楽のドヤ顔、小遊三下ネタ研究以上に丹念な考察をした著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)が話題に。巻末資料では田原の1982年、1988年の全出演番組(計534本)の視聴率やテレビ欄の文言、番組内容などを掲載している。