『愛の不時着』や『梨泰院クラス』にどっぷりハマり、観終わってからロスになった人たちが、次なる“沼”として足を踏み入れているのが、『サイコだけど大丈夫』。6月のNetflix配信直後から連日人気ベスト3にランクインしている。

 グリム童話などをモチーフにした独特の世界観の中で、“生きづらさ”を抱えながら不器用に生きる男女が互いを癒し、慈しむ姿には号泣必至。不時着や梨泰院とはまた違う、新感覚のヒーリング・ラブストーリーの沼も深いのだ!

◆『サイコだけど大丈夫』のあらすじ
 身寄りも財産もなく自閉症の兄・サンテ(オ・ジョンセ)を抱え社会の片隅でひっそりと生きてきたガンテ(キム・スヒョン)と、家族の愛を知らずに育ったベストセラー童話作家のムニョン(ソ・イェジ)。ガンテの勤務先の病院に朗読会の講師としてムニョンがやってきたことで2人は出会う。自身も絵の才能があるサンテはムニョンの大ファンだった。3人の人生が交差し、それぞれの“闇”が明らかになっていく――。

【ハマる理由1】おとぎ話に出てきそうな、美しすぎる男と女

 見ているだけでうっとりするキム・スヒョンのシャープなフェイスラインと立ち姿の華麗さ、韓国エンタメ界が誇る美女ソ・イェジの見事なスタイル。ため息なしでは見られない主演2人の美しさは物語の切なさと悲哀を高める。

【ハマる理由2】人間の“生きにくさ”をリアルに描く切なさに涙……

 それぞれが幼いときから抱えるトラウマは“誰がいちばんかわいそうなのかわからない”ほど。自分では見て見ぬフリをしている心の傷はやがて絆、愛へと変わっていく。

 短気でわがまま、傍若無人なムニョンだが、実は孤独に怯え母親の呪縛にとらわれながら生きていた。そんな“真実の姿”を見たガンテは急速にムニョンに惹かれていく。

【ハマる理由3】暗い影を持つ主演2人と温かく支えるサブキャストの神演技!

 ミステリアスな関係性に緊張感が高まるものの、ガンテとムニョンを見守り、寄り添うサブキャストたちの愛すべき人間性も秀逸。

 ムン・ガンテ(キム・スヒョン)■精神病棟の保護士。幼少時、亡き母に「(自閉症の)兄の面倒を見てもらうために産んだ」と言われ、深く心を傷つけられた。

 コ・ムニョン(ソ・イェジ)■孤独で問題行動の多い人気童話作家。猟奇的な眼光を光らせるときもあれば、少女のようなかわいい笑顔を見せることも。

 ムン・サンテ(オ・ジョンセ)■ガンテの兄で自閉スペクトラム症。ムニョンの大ファンで自身も絵の才能があり、ムニョンにその素質を見出され、進むべき道を見つける。

 ナム・ジュリ(パク・ギュヨン)■ガンテの同僚の看護師で、ガンテに片思い中。ムニョンとは小学校の同級生で悪縁関係。ムン兄弟を自宅に下宿させている。

【ハマる理由4】ムニョンの優美で過激なファッションから目が離せない!

 童話界のサイコパスな女王という特異性の象徴がムニョンのファッション。きらびやかで奇抜な衣装を着こなすソ・イェジの魅力にうっとり。アクセサリーやヘアメイクもSNSなどで大きな話題となり、物語のアイコンになっている。

 艶やかな黒髪をクラシックに束ね全身ブラックコーディネートで他人を寄せ付けないオーラを放つ。トレードマークのロングピアスも注目のモードアイテム。

※女性セブン2020年9月17日号