高視聴率を叩き出しているドラマ『半沢直樹』(TBS系)は悪役の見本市だ。振り返れば、名作ドラマには強烈な悪役がいたものである。『半沢』の白井亜希子(江口のりこ)のように、「女性の悪役」もドラマに欠かせない。

 同じ女性政治家役で視聴者に強烈なインパクトを与えたのが、『相棒』(2004年・テレ朝系)シリーズの片山雛子(木村佳乃)だ。

 外務大臣だった父の地盤を継いだ有望株の女性衆議院議員だが、政界で事件がある度にそれを利用してのし上がっていく。コラムニストの吉田潮氏はこう話す。

「ただじゃ転ばない野心家で、その貪欲な姿は小池百合子と稲田朋美を掛け合わせたような存在です。スーツ姿がとても似合う女優なので、またカチッとしたスーツを着て、別のインテリ悪女を演じてほしい」

 恋愛ドラマでも悪女が重要な役回りを演じる。なかでも昼ドラ『牡丹と薔薇』(2004年・フジ系)の野島香世(小沢真珠)は衝撃的だった。

「目をむいて『役立たずのブタ!』などと激しく罵る姿は、かつての清純派イメージをかなぐり捨てるような好演でした」(ドラマ評論家の田幸和歌子氏)

『誘惑』(1990年・TBS系)の佳沢妙子(紺野美沙子)も外せない。

「主人公の藤家美冴(篠ひろ子)の夫・芳行(林隆三)を誘惑し、家庭を壊そうと画策する。息子の雄介(吉田栄作)にも粉をかけるわ、謎の男を使って美冴を落とそうとするわの策士ぶりだった」(吉田氏)

“嫌われ役”の姑が注目を浴びたのが、NHK朝ドラ『おしん』(1983年)の田倉清(高森和子)だ。田幸氏が振り返る。

「姑役として、高森さん演じる清を超えるいびり役はいませんね。おしんが身重になっても田植えなどをガンガンさせるし、少しでも働かないと『働かずに飯を食うのか』といびり倒す。舞台が佐賀だったため、『佐賀のイメージが悪くなる』と苦情が出たほどでした」

 吉田氏は『ごちそうさん』(2013年)の西門和枝(キムラ緑子)を推す。

「和枝は、主人公のめ以子(杏)が息子の悠太郎(東出昌大)と結婚しても、入籍させずに女中扱い。め以子が作った膳をひっくり返して床を舐めさせるという理不尽すぎるいびりは強烈でした」

 和枝に対してはSNSで〈見てられない〉〈ひくレベル〉などの声が上がったが、

「和枝がいなくなると物語がトーンダウンし、再登場すると一気に盛り上がりました」(田幸氏)

 というから、やっぱり悪い姑が「見たかった」わけだ。

 いじめっ子が脚光を浴びたケースもある。

「『スチュワーデス物語』(1983年・TBS系)で、主人公・松本千秋(堀ちえみ)が憧れる教官・村沢浩(風間杜夫)の恋人役の新藤真理子(片平なぎさ)。事故で手を失って義手になった真理子が、その責任を村沢のせいにして、村沢も負い目を感じている。真理子が手袋を外しながら『ひろし……』と迫る、憎しみと恨みとゆがんだ愛を醸し出すシーンは忘れられない」(吉田氏)

 テレビ解説者の木村隆志氏が語る。

「以前は、いじめっ子や権威ある地位の人間など分かりやすい悪役がメインでしたが、2000年代に入ると悪役も多様化してきて演者や作り手、視聴者がどう楽しむのかというところに焦点が集まってきている。例えば、警察ものなら上層部というお決まりパターンをいかに外すのか。その一方で『半沢』や『ドクターX』のようなシリーズものである種の分かりやすい巨悪を提示する作品もある」

“名悪役”たちがいるからこそドラマの深みが増すのである。

※週刊ポスト2020年9月18・25日号