NHK連続テレビ小説『エール』が、9月14日より放送再開する。同ドラマのヒロイン・古山音(こやま・おと)役を演じているのは、女優の二階堂ふみ。戦前〜戦後の日本を舞台に、音楽の力で人々に元気を与えようとする夫婦を俳優・窪田正孝とともに演じている。

 二階堂といえば、宮崎あおいや蒼井優らと同じくもともと“サブカル女優”という一面があった。『ヒミズ』や『地獄でなぜ悪い』など“鬼才”園子温監督にミューズとして見出されたほか、1990年代サブカル漫画家の筆頭とも言える岡崎京子の傑作を原作とした『リバーズ・エッジ』で主演を務めたことも記憶に新しい。

 エッジの効いたクリエイターの作品にピタッとはまる一方で、朝ドラのような万人に広く愛されることが求められる場にも身を置けるのが二階堂の強みだ。2016〜2017年には人気バラエティ番組『ぐるナイ』(日本テレビ系)の名物企画「ゴチになります」にレギュラー出演し、お茶の間での知名度を一気にアップさせた。また、昨年公開され大ヒットした映画『翔んで埼玉』でのコミカルな演技も話題になり、メジャーとサブカルの、まるで両極端を自由に行き来するような振り幅の大きさに驚かされる。

 邦画界に注目してきた映画ブロガーのCDB氏は、二階堂が持つプロデュースセンスをこう称賛する。

「2018年に『リバーズ・エッジ』が映画化されたとき、行定勲監督に会って依頼をしたのは、実は二階堂ふみさん本人なんです。『女優が監督を指名する』という通常と逆のケースですが、彼女はこの作品のために水面下で動き、主題歌を担当した小沢健二や、原作者である岡崎京子にもプライベートで会っている。正式にクレジットはされていませんが、半ばプロデューサーの仕事を果たしており、彼女なくして映画は実現しませんでした」

 もともと原作漫画のファンだった二階堂は、難航する映画化プロジェクトを実現させるべく、自ら動いてクリエイターたちと対話したことをファッション誌『Numero TOKYO』のインタビューなどで明かしている。それだけ情熱を持って『リバーズ・エッジ』という作品に臨んだということだろうが、いくら情熱があろうと、同じことができる役者はたしかに希少な存在だろう。CDB氏は、二階堂の魅力についてこう分析する。

「二階堂ふみさんが日本でズバ抜けているのは、そうしたセルフプロデュースの力、広い視点から社会と作品を見る力です。『ぐるナイ』のレギュラーを受けた理由も『知名度を上げたい』、卒業した理由も『女優に専念したい』と、おそらく自分で決断しており、はっきり自分の意志を言葉にします。小泉今日子さんが女優からプロデューサー業に転じましたが、小泉さんと『ふきげんな過去』で共演した二階堂さんにも若くしてそうしたセンスがある。広瀬すずさんをはじめ、彼女への尊敬と憧れを隠さない後輩女優が多いのも、そうした自立心、考える力への憧れだと思います」(CDB氏)

 ところで二階堂は2013年、「不思議ちゃん・天然ちゃんイメージは脱却できたから、そろそろサブカルとかこじらせっていう類のイメージを脱却したいな☆」とツイートしていた。こじらせはともかく、二階堂が“サブカル”と評されることは今も多い。

 とはいえ、二階堂のことをサブカルと呼ぶ人々も『エール』や『ぐるナイ』出演について全く知らないわけではないだろう。“サブカル”のイメージを強く持った上で、超メジャーにも自分をぴったりはめていける。そんな離れ業を可能にしているのが、卓越した客観視の力なのかもしれない。

●取材・文/原田イチボ(HEW)