「女性2人の会話」の音声ファイルをネット上に公開するTwitterアカウントが、テレビ関係者の間で注目を集めている。テレビ局や番組、女子アナらの実名が挙げられたあまりに赤裸々な内容で、「テレビ東京の現役女子アナの会話が盗聴されたものが何らかの形で流出したのではないか」と波紋を広げているのだ。

 テレビ東京社員がため息まじりに語る。

「一部社員の間ではすでに、音声ファイルについて“早く削除要請したほうがいいのでは”といった話が出ています。ネット上にアップされた音声には、先輩やスタッフを悪く言っている内容も含まれ、局内では『あんな話をしている女子アナとは一緒に仕事をしたくない』と憤るスタッフも出てきている」

 発端は9月はじめ、Twitterにあるアカウントが作成されたことだ。確認できただけで10本の音声ファイルが投稿されている。10本のファイルはすべて、同じ2人の女性と思われる会話の音声だ。

 音声ではたしかに「テレ東」という言葉に加え、同局の番組、アナウンサー、そしてスタッフの実名まで言及されている。前出のテレ東社員が続ける。

「かなり赤裸々な内容で、先輩女子アナに対して『●●さんはおっぱいだし』と、容姿で仕事をもらっていると揶揄するような話があったり、スタッフに対して『めっちゃ毛深いし、超怖かった。途中からサルに見えてきた』『超汚い人』といった容姿を馬鹿にする発言もあった。このアカウントは音声の主だとして2人の女子アナのイニシャルを出しているが、そのイニシャルに該当する女子アナの声をいつも聞いている局内の人間たちが騒いでいる。

 他にも『私は結婚して適当な事務所入って土日だけ働くつもり。そのためにテレ東で実績を作ろうと思ってやってるから』といった発言もあって、当該の女子アナと一緒に番組をつくっているスタッフらの間では疑心暗鬼が広がっている」

 問題は、この音声が現役女子アナの会話だとしたら、「どこで録音されたものか」という点だ。「これは、局内で盗聴されたものではないか」と、別のテレ東社員が語る。

「音声には“カチカチカチ”とメトロノームのような音がしていることから、場所はアナウンサーの部署内にある一室で、アナが収録前に練習する“発声室”と呼ばれる部屋だといわれています。社内・社外の目もある女子アナたちは、時間があるとき、ここでお茶を飲んでリラックスしたりする習慣がある。基本アナウンサーしか入らない場所です。誰がやったかわからないが、盗聴してその音声をネットに出すなんて犯罪行為で、一体どういうつもりなのか……」

 また、不可思議なのは会話内容から類推される「時期」だ。音声には「クリスマス」という単語が出てきたり、年末特番への言及があったりする。つまり昨年末の会話だと考えられる音声が、9か月以上経ってからネット上に出されたということになる。

「この2人はエース候補と目され、今後の番組編成にも大きな影響が出かねない。これが盗聴なら局は警察に話して捜査してもらったほうがいいと思うのですが、そのあたりの対応は今のところ明らかになっていません」(同前)

 互いが互いに疑いの目を向け、現場は混乱の一途を辿っているという。

 テレビ東京に対して「当該のTwitterアカウント、音声ファイルの存在を認識しているのか」「削除要請等を行なっているのか」「社内での盗聴だと考えられる場合、何らかの調査を行なうのか」といった質問をしたが、「こちらからお答えすることは特にございません」(広報局)とするのみだった。

 不可解な騒動の真相は解明されるのか。