女優でモデルとしても活躍する芦名星が、9月14日までに亡くなっていたことがわかった。死因については不明だが、今日の午前中に自宅マンションで亡くなっているところが発見されたという。関係者の証言によると自殺とみられる。享年36。

 芦名は、つい最近も雑誌のグラビアで登場。昨年にはドラマ『W県警の悲劇』(BSテレ東)で主演を務めたほか、今年1月スタートのヒットドラマ『テセウスの船』でも物語の上で鍵となるパート勤務女性を演じるなど女優として活躍の幅を広げていた。

 昨年には、俳優の小泉孝太郎(41)との熱愛が報じられていた。女性セブンは、ゴールデンウィークの最終日、東京の湾岸エリアで小型犬を連れて散歩する2人の姿をキャッチ。散歩を終えるとふたりは、孝太郎の自宅マンションへと帰っていった。

 孝太郎と芦名の仲睦まじい姿は、当時は何度も目撃されていた。例えば、東京・西麻布のバーでふたりが肩を並べて飲んでいたのは昨年4月中旬のこと。常連客は当時の取材に対し、「この店は孝太郎さんの行きつけで、最近、芦名さんとよく来ていますよ。オープンなバーなのでさすがにふたりっきりはなく、彼の知人と一緒に来ています。ふたりはカウンターに隣同士に座り、ずっと話していて、かなり仲のいい雰囲気でした」と語っていた。

 2人は、2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』で共演。2019年1〜3月期のドラマ『グッドワイフ』(TBS系)で再び共演し、親密な関係になったのではないかと報じられていた。

 警視庁では現場の状況や死因などを慎重に調べているという。女優としてこれからの活躍が期待されていただけに、今回の訃報は関係者に大きな衝撃を与えている。