女優の芦名星さんが9月14日朝、東京都新宿区の自宅マンションで亡くなっているのが発見された。享年36。前日から連絡が取れなくなったことを心配した親族が、朝早く自宅を訪れて発見した。捜査関係者によると現場の状況から自殺を図ったとみられている。

 あるテレビ局関係者は「この10月からは人気ドラマ『相棒 season19』で5シーズン連続のレギュラー出演が控えていたし、仕事は順調でした。それなのになぜ…」と惜しんだ。所属事務所関係者は「今は交際相手もいなくて、私生活でトラブルを抱えている様子はなかったと聞いています。まだ原因が分からないんです」と言葉少なに絞り出すのが、精いっぱいだった。

 芦名さんは、仕事現場での評判はすこぶる高かった。男女問わず気取らずに接する性格は「誰からも好かれるタイプでした」(前出・テレビ局関係者)という。

 昨年春には女性セブンが、俳優の小泉孝太郎(42才)との交際を報じた。孝太郎の知人は「芦名さんは、小泉純一郎・元首相にも紹介されていました。純一郎さんは、彼女に会って『すごくきれいでいい子じゃないか』と絶賛していたようですよ。彼女は気立ても良いから、人を見る目に長けている元総理も、一目で気に入ったようでした」と明かした。

 芦名さんは、過去のテレビ番組で、昔の恋人からは暴力(DV)を受けたり、借金を肩代わりしたりしていたことを明かし、男運のなさを自虐ネタにしていた。そんな末に、孝太郎との交際が報じられたときは、周囲からは「やっといい人に巡り合えた」と祝福され、そのまま結婚という声もあがっていた。

 しかし、お互いに多忙なこともあり、徐々に気持ちがすれ違っていったようだった。

「結果的には、今年に入るころには別れてしまったと聞いています」(前出・孝太郎の知人)

 かつて、結婚情報誌の取材では「20代の時は盛大にやりたかったけれど、30代になった今は、小さくていいから本当に自分がお祝いしてほしい人だけを呼ぶ結婚式が理想です」と答えていた芦名さん。そんなささやかな夢も叶えることなく、逝ってしまった。あまりに若すぎる死に、所属事務所も公式サイトで「今はまだ現実を受けとめることすら出来ない状態です」と、苦しい胸の内をコメントしている。

◆相談窓口

「こころの健康相談統一ダイヤル」0570-064-556

「よりそいホットライン」0120-279-338(つなぐ・ささえる)、岩手県・宮城県・福島県からは0120-279-226(つなぐ・つつむ)