令和初の仮面ライダーとして2019年9月にスタートし、8月30日に最終回を迎えた『仮面ライダーゼロワン』。その主人公・飛電或人を演じたのが高橋文哉(19才)だ。発売中の『女性セブン』では妄想トリップグラビアに挑戦。1年間の大役を終えて新たなステージに向かう彼の素顔とは? 仕事からプライベートに至るまで、質問を投げかけてみた。

Q.出身地のお国自慢といえば?
A.埼玉なんですけど、都会にアクセスしやすいところ。地元の名物は桐たんすと、クレヨンしんちゃん!

Q.いちばん小さいときの記憶は?
A.幼稚園の年長の頃、体育館で寝てたこと。兄がバレーボールを習っている体育館によく連れて行かれて、ボールがバウンドする音がいつも子守歌でした。

Q.特に印象深い誕生日の思い出は?
A.今年! 撮影現場で誕生日を初めて迎えたんです。

Q.子供の頃の夢は?
A.配達員! 配達の赤いバイクに憧れていて、兄から「お前は珍しいな」って言われてました(笑い)。小さい頃は赤色が大好きで、持ち物も赤いものばっかりだったんです。

Q.子供の頃のヒーローといえば?
A.小学生までは母。中学生になってからは、ずっと2人の兄がヒーローですね。

Q.サンタクロースは何才まで信じていた?
A.サンタから最後にプレゼントをもらった中3までかな……? あるときテレビを見て気づいて「サンタっていないの?」って母と兄に聞いたら、「あれは……」って(笑い)。でも、プレゼントは親が買ってるとしても、サンタという存在はいまでもいるって思ってます!

Q.幼稚園時代の思い出は?
A.朝顔を一生懸命、育ててました! あとはチョコチップパンが大好きだった。

Q.小学生時代の思い出は?
A.小1から始めたバレーボールを、小5で辞めたこと。もともと兄がやっていたので、監督から強制的に「入れ」って言われて始めたんです。小5のときにはじめて自分の意思で辞めて野球を始めました。でも、のちにバレーを辞めたことを後悔するんですけどね(笑い)。

Q.中学時代の思い出は?
A.やっぱりバレーがいちばん楽しいって気づいて、中学の部活でもう一度バレーを始めたんです。中3で部長に選ばれたんですけど、引退試合のとき、ぼくがサーブミスして負けてしまって…。あれは一生忘れないですね。

Q.高校時代の思い出は?
A.芸能界に入ったこと。料理が好きで高校に入るときには料理人を目指していたので、人生の転機になりました。

Q.人生の中で後悔していることはある?
A.いっぱいあるなぁ……。小5で一度、バレーを辞めたこと。あとは子役から仕事をして、いろいろな経験を積みたかったですね。

Q.人生最大のピンチといえば?
A.高校の頃、夜遅くにコンビニに行ったんです。親が寝てたら起こすのも悪いなと思って、黙って出かけたんですよ。部屋の窓から抜け出して(笑い)。帰ってきたら、家中の鍵が全部閉まってて、真冬に朝まで庭で過ごしました。しかもちょっと出かけるつもりだったから、薄着だったんです…。

Q.人生最高にうれしかったことは?
A.オーディションで『仮面ライダーゼロワン』の主役に選ばれたこと。

Q.“青春時代”の思い出といえば?
A.中学生。いちばんモテました(笑い)。

Q.10代のうちにやっておきたいことは?
A.家族を旅行に連れて行きたい! コロナの状況が落ち着いたら、家族みんな海が好きなので沖縄に行きたいですね。

Q.まだまだ子供だなと思うことは?
A.朝が弱い! あとは、ごはんを食べると眠くなる。

Q.子供の頃から変わらないことは?
A.おなかがすいたり、眠くなると機嫌が悪くなる。あと、メロンが大好き!

Q.20才になったらやってみたいことは?
A.兄といっしょにお酒を飲みたい! この前初めて、兄から「20才になったら、飲みに連れて行ってやるからな」って言われたんですよ。

Q.親友はどんな人?
A.2人います。高校の同級生と、高2のときに出会った子。その子もいま俳優になって、いまでもたまーにカラオケでオーディションの課題曲をいっしょに歌ったりします。

Q.芸能界を目指したきっかけは?
A.小さい頃アイドルを見て「かっこいいな」とは思っていたけど、雲の上という感じで目指すっていう感じではなかったんです。高校2年生のときに、友達の薦めもあって……。当時は料理人を目指してたけど、芸能の仕事も多くの人の元気の源になれるところに憧れを持ちました。

Q.サインはどうやって考えた?
A.小学生の頃からサインを書くのに憧れていて、いっぱい考えていたんです。授業中にもサインを練習したり(笑い)。サインは、けっこう変えますね。最近だとライダーをやっていた途中にも変えました。

Q.『仮面ライダーゼロワン』のオーディションの思い出は?
A.台本のセリフ中に2行分アドリブでギャグを言うところがあったんですけど、ぼくだけ1分半くらいやったんです。いま振り返っても、よくやったなって自分をほめたい!

Q.『仮面ライダーゼロワン』をやる前と終えた後の変化といえば?
A.いっぱいあります! 余裕がもてるようになって、お芝居にも少し自信がついてガチガチに緊張することがなくなりました。20話くらいまでは、本番でも足がガクガク震えちゃうことがあったんです。

Q.1年間の撮影を終えたいまでも抜けない癖はある?
A.ずっと早起きしていたので、いまでも5時から6時に1回起きちゃう!

Q.セリフの覚え方は?
A.最初はマーカーを引いて、書いて、読みまくってたけど。徐々に、前日にセリフは覚えるけど読み込みすぎないようにして、現場で相手の反応を見て気持ちを作って自然に言えるようになりました。

Q.仕事をする上で大切にしていることは?
A.自分はいちばん下、という感覚でいます。

Q.仕事を辞めたいと思ったことはある?
A.あります! ライダーのときには早朝に起きて、このまま二度寝しちゃおうかな……と何度思ったことか(笑い)。現場で怒られた翌日には、行きたくないな……と思ったり。でも、本当に辞めることはないって、自分でもわかってるんですけどね。

Q.仕事で悩んだときの解消方法は?
A.紙に言葉を書いて壁に貼るのが好きなので、名言集を読んで、気になった言葉を書いて貼ります。あとは、ひたすら寝る!

Q.ファンに言われるとうれしい言葉は?
A.「成長した」ですね。

Q.もし芸名をつけるとしたら?
A.えー!? 考えたことないな〜。もしつけるなら、姓名判断に行って、いちばんいい名前をつけてもらう(笑い)。

Q.仕事でこれから演じてみたい役は?
A.自分とかけ離れている役をやってみたいので、御曹司とかサイコパス。特技を生かすなら、料理人もやってみたい!

Q.仕事に行くときのマイバッグ、必需品は?
A.イヤホンは絶対ですね!

Q.マネジャ−さんによく注意されることといえば?
A.服がしわくちゃ。

撮影/長田克也(aosora) 撮影協力/サナギ新宿

※女性セブン2020年9月24日