先月28日、岸部四郎さんが71歳で亡くなった。超人気バンド「ザ・タイガース」で日本中を沸かせ、ドラマ『西遊記』(日本テレビ系)では沙悟浄役を好演。ワイドショー『ルックルックこんにちは』(日本テレビ系)では司会者としても活躍した岸部さんについて、コラムニストの山田美保子氏が語る。

岸部さんの俳優としての才能を高く評価していた西田敏行さん

 岸部四郎さんが急性心不全のため「8月28日に、入院先の千葉県内の病院で亡くなっていた」という報道が出回ったのは9月15日のことでした。その1週間前、ザ・ゴールデン・カップスのマモル・マヌーさん(享年71)が急逝され、元同僚で、後にゴダイゴでも大活躍されるミッキー吉野サン(68才)がコメントを出されていて。

 グループサウンズ→ゴダイゴ『Monkey Magic』『ガンダーラ』→『西遊記』(日本テレビ系)と思いを巡らし、同作で沙悟浄を好演された岸部四郎さんはどうなさっているだろうと考えていたところだったので、「亡くなっていた」という報せに涙が止まらなくなりました。

 芸能界でいち早くコメントを寄せていらしたのは『西遊記』の猪八戒役、西田敏行サン(72才)。

「人生の絶頂とどん底を経験したシローちゃん! 現世の旅を終えてパライソ(天国)に旅立ったんだね。シローちゃんの沙悟浄、最高だったよ。数多の役者いるけど、あんなチャーミングな沙悟浄を演じられる役者はシローちゃんだけです! あん時の幸せそうなシローちゃんの顔しか思い浮かばないよ。淋しいよ。合掌」

 なんて温かく、俳優としての岸部さんの才能を改めて世に知らしめる内容でしょうか。このコメントを『バイキング』(フジテレビ系)で紹介した際、MCの坂上忍サン(53才)も、この『西遊記』の座組を「最強」と言い、「これ以上のものは出てこないんじゃないか」とおっしゃっていました。『女性セブン』の読者の皆さんに説明は不要でしょうが、孫悟空が堺正章サン(74才)、三蔵法師が夏目雅子さん(享年27)でした。

 その堺サンも西田サンと同日、コメントを寄せ、「同じグループサウンド出身の四郎ちゃんにお会いできないかと思うと残念の極みです」と。

 また、たくさんの想い出がよみがえりました。あの「ジュリー」こと沢田研二サン(72才)をボーカルに、「ピー」こと瞳みのるサン(74才)、「タロー」こと森本太郎サン(73才)、「サリー」こと岸部一徳サン(73才・当時は岸部おさみ)、そして「トッポ」こと加橋かつみサン(72才)がオリジナルメンバーだったザ・タイガース。1960年代後半に大ブームだった「グループサウンズ」人気の筆頭が同グループでした。

 ジュリーやピー、トッポのルックスがいまでいうアイドル的なものであり、しかし、タローやサリーが重石になって、音楽的才能にも優れていたザ・タイガース。私にとって、岸部さんの印象は、『西遊記』の沙悟浄ではなく、「ザ・タイガースのサリーの弟のシロー」の方が強いのです。

 ザ・タイガースに加入したときのことも鮮明に覚えています。トッポの脱退で誰かメンバーを入れなければならないということになったとき、お兄様のサリーは「シロー」の名前を出すのを最初は遠慮したと聞いています。

 しかし、もともとはザ・タイガースのバンドボーイだったシローについて、ほかのメンバーはすぐに「OK」「ウエルカム」だったとのこと。当時、アメリカに留学していたシローにサリーが電話をして呼びつけたのでした。

 当時、シローはアメリカで音楽雑誌『ミュージック・ライフ』の音楽特派員としての活動をしていたそうです。同誌の編集長は星加ルミ子さん! 音楽評論家の木崎義二さんや、あの大橋巨泉さん(享年82)と共に『テレビディスコティクショー ビートポップス』(フジテレビ系)のMCをなさっていました。もう昔話が止まりません。“和製ポップス”と洋楽をいいあんばいで紹介していた同番組。フロアで踊っていらしたのは「振付師」の藤村俊二さん(享年82)でした。

 シローに話を戻しますね。シローが加入してから、キャーキャー言われていたザ・タイガースには、ヒッピー的な雰囲気がプラスされ、新しいステージに上ったのは確かです。でも、シローは、いまでいう“エアギター”だったんですよね。それがバレて、タンバリン担当になるというお茶目なエピソードもありました。そのタンバリンも実は音が出ないように加工されていたとか(笑い)。

“借金取り“が本番中にスタジオに押しかけてきたことも

 ザ・タイガース時代の話になると本当にそればっかりになってしまうので、そろそろ『ルックルックこんにちは』(日本テレビ系)でのエピソードに移りたいと思います。沢田亜矢子サン(71才)に代わって1984年から13年半にわたって同番組のMCを務めていた岸部さん。なんと私、共演させていただいています!

 後期、10時台後半に「第3部」というローカル枠があって、そこに時々出演させていただいたのです。すごく覚えているのは、ダイエット特集のときに私が「これまで、ダイエットにベンツ1台分くらい、費やしている」とコメントしたところ、岸部さんがすかさず、「ベンツと言っても、いろいろクラスがあるでしょ? 1000万円以上ということ?」と聞いてこられたときでした。

 私は当時乗っていた、「小ベンツ」こと190E(つまり300万円台)のことを言っていたのですが、その頃、芸能界随一のハイブランドコレクターであり、古美術商もなさっていて、高級車にも一家言もっていらした岸部さんは、「そこはもっと詳しく言わなくちゃ」とスルーしてはくださいませんでした(苦笑)。

 その頃は、奥様の小緒理さん(2007年逝去)がたびたびスタジオにいらしていて、私がエルメスのバーキンを初めて見たのは小緒理さんのそれ。そうした“お宝”だらけのご自宅に行かせていただいたこともありました。

 番組を降板した理由は、自己破産。本番中に“借金取り”から電話がかかってきたり、彼らがスタジオに押しかけてきたとも聞きました。岸部さんからの申し出に、日本テレビは一度は慰留したとか。なぜなら、MC・岸部四郎の才能と人気をよくわかっていたからです。

 特に、お勉強されている様子を見せるわけではないのに、どんな情報についても本当によくご存じで、ふんわりしているのに短くわかりやすい言葉でハッキリとモノ言う岸部さんについては、起用した日本テレビのプロデューサーが長年、後輩たちから尊敬されていたほど素晴らしいものだったのです。だから晩年、『情報ライブ ミヤネ屋』(同)が「困ったときの岸部さん」的に、イジるVTRを20本近く制作していたときは、少々複雑な気持ちでした。

 それでも、自虐ネタを交えつつ、昔と変わらぬ飄々とした雰囲気で、お茶の間を煙に巻いていた岸部さん。ありがたいことに、2013年12月、ザ・タイガースが44年ぶりにオリジナルメンバーで行った復活ツアーも見させていただいた私は、ステージ上でこの上なく幸せそうな表情をしている岸部さんのお顔を確認することもできました。

 元祖・マルチタレントであり、独特の個性で昭和、平成、令和を生きた岸部四郎さん、さようなら。そして、ありがとうございました。

■構成/山田美保子
『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ〜テレ)、『アップ!』(同)、『バイキング』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

※女性セブン2020年10月8日号