7月に亡くなった三浦春馬さん(享年30)に続き、芦名星さん(享年36)、藤木孝さん(享年80)、竹内結子さん(享年40)と、この2か月で有名俳優の自殺とみられる訃報が続いている。芸能界ではいま、何が起きているのか──。

 芸能人は人気商売である。だからこそ、“人の目”を気にして生きなくてはならない。そして、そんな芸能人たちを追いつめるのが、SNSやネット掲示板だ。

「かつては事務所やテレビ局が芸能人の周りを囲んで、ある意味で“都合のいい情報”しか伝えませんでした。でも、いまはSNSに書き込まれる視聴者のストレートな言葉が、そのまま芸能人に伝わってしまう」(芸能関係者)

「死ね」とか「やめろ」といった直接的な言葉だけではない。「もう40才なんだ、老けたね」とか、「あの子の方がかわいい」などといった、投稿者にとっては何気ない感想かもしれないが、本人にとってとても重い言葉が心を傷つけていく。

 韓国の芸能界で相次いだ自殺や、人気番組『テラスハウス』(フジテレビ系)に出演していた女子プロレスラー・木村花さん(享年22)の死も、SNS上の誹謗中傷が原因だったといわれている。鋼のような精神を持っていないとやっていられない世界になったが、その精神をずっと保っていられる人が、果たしてどれだけいるだろうか。

 かつて視聴者の間には、芸能人は「特別な人」という意識があった。麻薬パンツ事件の勝新太郎さんなどは典型だが、不倫騒動や薬物事件を起こしても、いまほどは取り沙汰されなかったものだ。怪しげでグレーなタニマチとの交際も、「芸能界はそういう世界だから」という認識で許容されることが多かった。

 しかし、最近は薬物事件や準強姦などの性犯罪を起こせば、一発で表舞台から消えることになる。大麻所持で逮捕された伊勢谷友介(44才)、強制性交罪で実刑判決を受けた新井浩文(41才)をはじめ、最近も問題を起こして“消えた”芸能人は枚挙に暇がない。

「犯罪ではない不倫でさえ、激しいバッシングを浴び、場合によっては長い間芸能活動を自粛せざるをえません」(前出・芸能関係者)

 いずれもスポンサーである企業の法令遵守(コンプライアンス)意識が高まったからで、仕方のないことだが、ストレスフルな職業の芸能人が「ずっと聖人君子でいなければならない」のは大変だろう。

「かつてより芸能事務所の所属タレントは大幅に増え、スタッフは常に人員不足。しかも働き方改革でマネジャーがタレントの悩みを聞く時間が持てず、精神面で充分なサポートをできないということも増えた気がします。事務所サイドでもタレント管理の在り方を見直す点があるでしょう」(芸能ジャーナリスト・二田一比古さん)

 憧れの存在だった芸能界は、孤独で過酷な“残酷な世界”へと様変わりした──。

【相談窓口】
「日本いのちの電話」
ナビダイヤル0570-783-556(午前10時〜午後10時)
フリーダイヤル0120-783-556(毎日午後4時〜午後9時、毎月10日午前8時〜翌日午前8時)

※女性セブン2020年10月15日号