ウエーブのかかった美しいロングヘアを肩にかけ、椅子に腰掛けている女性。彼女に向かって、隣に座る男性がラブソングを歌い上げる。女性は男性の切ない歌声に聴き入り、メロディーに合わせて体を左右に揺らしている。韓国語で歌っているため歌詞の内容はわからないが、男性の思いは画面を通してでも、充分に伝わってくる。そして、男性が歌い終えると女性は椅子から立ち上がり、2人は熱い抱擁を交わした──。

 この美女は日本で大ヒット中の韓国ドラマ『愛の不時着』の主人公、ユン・セリ役のソン・イェジン(38才)だ。『愛の不時着』は、パラグライダーで飛行中に竜巻に巻き込まれ、北朝鮮に不時着してしまった韓国の財閥令嬢セリと、ヒョンビン(38才)が演じる北朝鮮の将校リ・ジョンヒョクの愛の物語だ。しかし、ラブソングを歌い上げ、彼女を抱きしめたのは、ジョンヒョクが率いる第5中隊の兵士ピョ・チス役のヤン・ギョンウォン(39才)だった。

「ピョ・チスは第5中隊メンバーの中でもひときわなまりが強い三枚目キャラ。“ありえない”2人の熱い抱擁に、思わず声を上げて笑ってしまいました」(ライブ配信を視聴したファン)

 冒頭のシーンは9月27日にライブ配信されたソン・イェジン初のオンラインファンミーティング『会いに不時着!』での出来事。イェジンはゲストで出演したギョンウォンについて、「実際に本読みのときに顔合わせをして、ビジュアルが完璧なピョ・チスだったので、“この人しかいない!”と思いました」と第一印象を語った。

 これに対してギョンウォンは、イェジンの隣にいるだけでいまだに緊張すると語りつつも、「本当にイェジンさんがよく食べるんです。グルメ番組もビックリの食べっぷりで、サンチュとかすごく大きいのにそれを食べたり、本当によく食べていました」と、“暴露話”で応戦。イェジンははにかみながら「仕事をするときには食事制限をするのですが、その分、昼食や夕食を食べないようにして、小道具のものをたくさん食べるようにしています」と明かした。

 このファンミーティングには、『愛の不時着』の大ファンだと公言する、笑福亭鶴瓶(68才)も生電話で参加し、通訳を介して2人に質問を投げかけた。セリと第5中隊メンバーのかけ合いもドラマの魅力の1つだが、「コミカルな演技はどこで覚えた?」という鶴瓶の問いには、

「もともと人を笑わせるのが大好き。いたずらも大好きです」

 とイェジン。続いて鶴瓶が「ギョンウォンさんはイェジンさんの隣にいて緊張せえへんの?」と聞くと、ギョンウォンは、

「ずっとドキドキしていました。イェジンさんの醜いところとか嫌なところを探そうとしましたが、見つけられませんでした」

 と告白した。イェジンは鶴瓶に「コロナが終わったら実際にお会いすることを願っています」と伝え、生電話の時間は短いながらも心に残る交流になったようだ。

 実は鶴瓶はほかの出演者とも交流を深めている。自身がMCを務める『きらきらアフロTM』(テレビ東京系)で、ヒョンビンから直筆の手紙を受け取ったことを明かしたのだ。手紙には、《『心から祈って待ち続ければきっと会える』というドラマのセリフのように、いつか一緒にお会いできる日がくることを祈っています》と綴られており、ヒョンビンとイェジンが2人揃って来日する日も近いかもしれない。

 ファンミーティング『会いに不時着!』は有料(約2時間で1800円)にもかかわらず4.5万人以上が視聴した。ドラマはNetflixで配信され、配信開始からすでに7か月経っているが、「何周も見るのは当たり前」「グーグルマップで聖地巡礼」など、“不時着沼”から抜け出せない人がいまだに後を絶たない。

※女性セブン2020年10月15日号