お笑いコンビ・さまぁ〜ずの人気冠番組『モヤモヤさまぁ〜ず2』(テレビ東京系)が、10月11日放送回より日曜21時の激戦区に移行することが発表された。結成から30年以上も活躍するベテラン芸人の彼らだが、今年は大きな転機が訪れることになりそうだ。

 もともと深夜番組として2007年からスタートした『モヤさま』。街中をブラブラと歩き回り、一風変わったローカルネタに突っ込みを入れていく番組内容が次第に評判を呼び、2010年からは日曜19時というゴールデンタイムへ進出した。

 その後、2013年からは日曜18時半スタートに移行。ゴールデンタイム進出10周年となる今年、およそ7年ぶりに新たな時間帯で放送されることになったのである。地上波では『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)や、先月まで大ヒットドラマ『半沢直樹』が放送されていたTBS日曜劇場と激突することになる。

 一方、やはり2007年から深夜番組としてスタートしたもう一つの人気冠番組『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』(テレビ朝日系)は、9月21日深夜の放送回をもって13年半の歴史に幕を下ろした。視聴者からは「もっと続いて欲しかった」「寂しいよー!」「切ない……」と、番組終了を惜しむ声が殺到。だが新たにスタートする試みもある。

 10月5日深夜からは新たな冠番組『さまぁ〜ず論』(テレビ朝日系)が放送開始している。ゲストがトークテーマを持ち寄り、さまぁ〜ずの二人と激論を交わすというユニークなトーク番組で、初回の放送ではゲストとしてお笑いトリオ・ネプチューンの堀内健が登場。 「ネタの作り方」について真剣なトークを繰り広げるという内容に、思わず見入ってしまったというファンも数多くいた。

 さらに、さまぁ〜ずは今年8月に公式YouTubeチャンネルを開設し、これまで週2回の定期配信を行ってきている。ファンのリクエストに応えていわゆるゲーム実況動画にもチャレンジするなど、テレビとは異なる動画内容が好評を博し、すでに登録者数20万人を突破する人気コンテンツとなっている。

 人気冠番組の放送時間の変更、新たな冠番組のスタート、さらにYouTuberとしてのデビュー等々、2020年はさまぁ〜ずにとって節目の年となりそうだ。そんな彼らのこれからの活躍について、お笑い評論家のラリー遠田氏は次のように見る。

「さまぁ〜ずの魅力は、30年以上のキャリアを誇る芸人でありながら、バラエティ番組などでは常に肩の力が抜けてリラックスしているように見えるところです。気ままに街歩きをする『モヤさま』では、特に彼らのそんな持ち味が発揮されていると思います。時間帯が変更されても番組の雰囲気はそれほど変わらないでしょう。

 YouTubeではテレビよりも人間味を出すことを強く求められるのですが、その点ではさまぁ〜ずは初めからYouTube向きの芸人だと思います。YouTubeでも順調にファンを増やしていくはずです」

 ベテラン芸人でありつつ脱力感あふれる雰囲気が魅力のさまぁ〜ずは、YouTuberとしても持ち味を存分に発揮することができるようだ。『モヤモヤさまぁ〜ず2』にも、あらためて注目が集まることになるのではないだろうか。

●取材・文/細田成嗣(HEW)