“第4次韓流ブーム”を巻き起こすほどに、多くの人が夢中になっている韓国ドラマ『愛の不時着』。9月27日には、同作のヒロイン、ユン・セリを演じた女優ソン・イェジン(38才)が初のオンラインファンミーティング『会いに不時着!』を開催し、有料(約2時間で1800円)にもかかわらず4.5万人以上が視聴する、大盛況ぶりだった。

 今なお拡大する『愛の不時着』人気。ストーリーだけでなく、作品に登場するグッズや、設定、裏話、豆知識などを必死に調べるファンも増加しているという。そこで、多くの韓国ドラマファンがアクセスするブログ『One mere Korea』を運営する韓国・ソウル在住のブロガー・Misaさんに、よりドラマのおもしろさが増す「不時着トリビア」を聞いた。

宿敵との身長差

 主人公の将校ジョンヒョク(ヒョンビン)と敵対する上官のチョ・チョルガン。2人が向き合う、息をのむような緊迫したシーンには、こんな工夫があった。

「ヒョンビンはチョルガン役のオ・マンソクよりも10cmも背が高いんです。そのため、向き合うとどうしてもマンソクが見上げる形になる。最終的にはマンソクが台の上に乗り、目線を合わせる形にして撮影したそうです。

 実は、マンソクは役柄とは正反対のひょうきんな人で、台の上に乗った話もバラエティー番組に出演した際に自分で明かしていました」(Misaさん・以下同)

実はベテラン俳優

 第5中隊の最年少兵士クム・ウンドン役のタン・ジュンサン(17才)は、実はベテラン俳優だ。子役として幼少期から舞台で活躍しており、芸歴は10年以上に及ぶ。

 このため、同じく第5中隊で先輩兵士のキム・ジュモクを演じるユ・スビン(27才)から「先輩」と呼ばれていたそうだ。

ジウ姫も吹き出した未公開シーンとは

 そんなスビンが演じるのは、韓国ドラマが大好きすぎて国境警備中に『天国の階段』を見てしまう兵士。

 セリのはからいで憧れの女優であるチェ・ジウ(45才)と昼食をともにするシーンが印象深いが、撮影時には「緊張しすぎて、チェ・ジウのステーキも切り分けてしまう」「ステーキを拳で殴る」など、チェ・ジウがこらえきれずに笑ってしまうシーンがあったという。残念ながらカットされてしまったが、特典映像として公開されることを期待したい。

モンゴルで撮影

 現在は新型コロナの流行で訪れることが難しいが、海外渡航ができるようになれば、ロケ地を訪れたいファンも多いだろう。

「5話でジョンヒョクとセリがパスポート写真の撮影のために列車で平壌に向かうシーンは、モンゴルで撮影されました。そのため乗客役にはモンゴル人エキストラも多数参加したそうです」

音楽家はリアル脱北者

 列車の中でアコーディオンを演奏しながら合唱する音楽団の中には、実際に北朝鮮出身の音楽家も含まれていたとか。

あのチキン店では4人のサインをチェック

 ロケの大半はもちろん韓国のソウル市だ。

「ソウルにやってきた第5中隊の4人が、飲食店を外から眺めるシーン(11話)は、『BBQチキン』の梨大店で撮影されました。お店の外にある“ロケ地”を知らせる看板には、4人のサインも書かれています」

セリの店も実存

 2話の冒頭に登場する、セリが社長を務める「セリズ・チョイス」の路面店も実在する建物だそうだ。

「アックジョンロデオ駅の3番地口からすぐのところにある『アクレド清潭店』というジュエリーショップです。見つけやすいので観光の際は、ぜひ行ってみてください」

※女性セブン2020年10月15日号