「多目的トイレ不倫」で世を騒がせたアンジャッシュ・渡部建からTwitterで“誘われた”ことを明かして「不倫相手」と噂されたが、お騒がせ芸能人たちの未来を占った。

〈滝川恵理の占い方法〉

 幼少期から霊感があり、現役セクシー女優でありながらメールや電話などで占い師として活動する滝川恵理。タロットは1組78枚のうち22枚で構成される「大アルカナ(魔術師や死神等)」を用いてカードに疑問を投げかける形で1枚ずつ引く手法で占う。例えば「渡部に芸能界復帰はあり得るか?」という問いに対し、引いたカードの柄と向きから解釈する。質問を変えて2枚以上引くこともある(今回は渡部と伊勢谷)。タロットだけでは占いの精度が下がるため、滝川流は観相学と姓名判断などを交えて行なうことで未来を占う。

【アンジャッシュ 渡部建(48)】

 佐々木希さんと結婚し1児の父でありながら不倫が発覚、活動自粛中の渡部さん。かつて私にもSNSを通じて連絡してきたことがありました。そんな渡部さんに出た“月”の逆位置はピンチの克服、復帰を表わす。再度カードに聞くと“隠者”の正位置が出た。自分の知識や経験を活かし我が道を進む意味で、芸能界以外で何か準備している可能性もあります。

【伊勢谷友介(44)】

 大麻取締法違反容疑で逮捕された伊勢谷さんですが、顔相と姓名判断が非常に悪く、これまでよく問題が明るみに出なかったと思うほど。まず“戦車”の逆位置は、暴走の果てに招いた失敗、大問題に発展した今を指します。今後復帰はあるかと再度引いたカードが“星”の正位置、希望を表わします。監督など裏方やクリエイティブな分野で活躍できそうな兆しはある。

【東出昌大(32)】

 妻で女優の杏と3児に恵まれながら女優・唐田えりかさんとの不倫が発覚、離婚した東出さん。“運命の輪”の逆位置は、それまでの状況が一転し挫折や別れが生じるとの意味ですが、まさに現状を表わしています。しかし姓名判断が大変良く、人にもお金にも恵まれた良い字画をお持ちです。まだバッシングはありますが、舞台などにも出ていますし経験を積んでより良い仕事も舞い込みます。

【唐田えりか(23)】

 東出さんの不倫相手の唐田さんですが、“太陽”の逆位置が出たので、信用を失い周囲から孤立した現状を表わしています。姓名判断ではキャリアウーマンとしては成功するが、男性をダメにする画数です。情熱的な星を持ち、特に恋愛は肉体関係なしではいられず没頭しやすい。東出さんとの復縁はなさそう。仮にAV業界などからの依頼も、その道しかないとなれば出ることは厭いません。

【木下優樹菜(32)】

 実姉が勤務するタピオカ店の経営者に恫喝めいた行為をしたことが発覚し、活動自粛後に芸能界を引退した木下さん。最近、個人活動を再開したとの報道もありますが、出たのは“正義”の逆位置。人間関係の問題は解消されず今後も引きずり、問題は混沌、“敗訴”の意味があるので裁判も先行き不安です。姓名判断では中年期までが人生のピーク。今後は自身を見つめ直した方が良いと思います。

【手越祐也(32)】

 未成年との飲酒疑惑でジャニーズ事務所を退所し独立した手越さん。こちらも伊勢谷さんと同じく希望を表わす“星”の正位置が出て、直近のところは不自由なく稼げて人気も衰えないでしょう。しかし晩年に近づくにつれ、今のような天狗のままだとスタッフが離れ寂しい末路となりそう。諸星和己さんに近い感じです。年を重ねるうちに謙虚さも身につけば人気は維持できるかもしれません。

※週刊ポスト2020年10月16・23日号