今年4月に第一子が誕生した優香(40才)と青木崇高(40才)に、“夫婦仲は大丈夫?”と詮索されるような事態が起きていた。

「出かけよっか、ふたりで」

 ショートヘアーにシルバーのアクセサリー、ライダースのジャケットを羽織った母親が黒いワンボックスカーのハンドルを握る。助手席に乗るのは、息子だ。親子2人きりで、夕日の丘へとドライブ──。

 トヨタのミニバン「ヴォクシー」の新CMでクールな母親役を演じるのは、優香。別バージョンのCMで、娘を誘ってドライブする父親役は青木だ。芸能関係者が語る。

「2016年に結婚した優香さんと青木さんにとって夫婦初共演のCMです。第一子出産から間もないということもあり、『親子の絆』がテーマのCMにピッタリで、話題性も十分でした」

 ところが、そのCMを巡って不可解なことが起きていた。

「CMはもともと9月4日から放送が開始される予定でした。複数のネットニュースでも注目CMと紹介され、いくつかのスポーツ紙でも報じられるはずでした。

 しかし、4日になっても放送は始まらないばかりか、CMを紹介したいくつかのニュースがネットから忽然と消えてしまったんです」(広告業界関係者)

 最近、不祥事を起こしたタレントが起用された企業広告が放送中止になるケースは少なくない。今回の優香・青木夫婦のCMの“放送ストップ”もさまざまな憶測が飛び交った。前出の芸能関係者が語る。

「出演者に予想外のアクシデントがあったのではと騒然としました。夫婦共演で注目されただけに、“夫婦の間に何かあったのではないか”“ひょっとしてスキャンダルが出るのか”などという噂が芸能メディアを賑わせ、各社が取材に動く事態になりました」

 結局のところ、放送開始予定日から5日ほど遅れてCMは無事にスタート。トヨタ広報部によると、「社内事情で急きょ放送を遅らせることにしただけでした」とのことだった。

 特に出演者に関するトラブルではなく、CM発表のタイミングをめぐる事情というのが真相だったようだ。前出の芸能関係者が語る。

「優香さんと青木さんはドラマ共演をきっかけに、交際半年で結婚しました。交際期間は短いですが、すぐに同棲を始めていましたし、お互いを知るための時間はたっぷりありました。優香さんは恋愛に一途だと言われてきましたし、青木さんも男気がある人で曲がったことはしないタイプ。この夫婦は安泰でしょうね」

 だからこそ芸能マスコミも驚き、動いたのだろうが、杞憂に終わったようだ。