衝撃の死を遂げた竹内結子さん(享年40)。業界で「相手俳優を光らせる演技ができる女優」と高く評価されてきた。だが近年は、仕事面でも大きな変化が生じていた。

「デビュー時から竹内さんを支え、離婚騒動のときも助言を続けた敏腕女性マネジャーが、2年半ほど前に異動になりました。新しい担当者が来てからそれまでのヘアメイクさんなどのスタッフが刷新されたので、竹内さんの心境にも変化があったのかもしれません」(芸能関係者)

 事務所とのすれ違いは、昨年結婚した事務所の後輩俳優の中林大樹(35才)との再婚を発表した際にも表面化した。

「再婚を発表したのは、竹内さんの主演ドラマの放送中でした。話題づくりで視聴率アップを狙ったと穿った目で見られかねないタイミングでした。プライベートの切り売りを嫌う竹内さんは、この“やり方”にショックだったと思います。“私の実力を信じてくれないのね”とのやるせない思いを募らせたそうです」(テレビ局関係者)

 竹内さんの変化を象徴するのが、同年代で同じ事務所だった柴咲コウ(39才)との仲だ。2人は2009年からプライベートでも交流を深め、一緒にお寿司をつまんで酒を酌み交わす仲になり、2010年11月に柴咲が出したシングル「EUPHORIA」のミュージックビデオでは初共演を果たした。

 しかし、2016年に柴咲がアパレル販売などの会社を興したあたりから、2人の間には“距離”ができ始めていたという。当時を知るテレビ誌の記者が振り返る。

「あるメディアのインタビューで“同じ事務所の柴咲さんは歌がお上手ですが竹内さんはもう歌わないんですか”と聞いたら途端に不機嫌になり、“私は女優だから……”とボソッと口にしました。今年の春には柴咲さんが事務所を退社。信頼していたマネジャーの異動などもあり、“独立”も視野に入っていたはずの竹内さんにとって焦らずにはいられない出来事だったと思います」

 一方の柴咲は立て続けの悲劇に消沈の日々を送るという。

「大河ドラマ『おんな城主 直虎』(2017年)で共演した三浦春馬さん(享年30)の訃報に竹内さんの件が続き、柴咲さんは相当ショックを受けています。10月にスタートのドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)は、最初の出番でほとんどせりふがないので、なんとか撮影をキャンセルせず演技できているそうです」(前出・芸能関係者)

 竹内さんは家族と仕事の理想と現実に悩み続けた。人知れずいくつもの闇を抱えていた彼女がいつも他人を気遣うように、自分自身を気遣ってくれていればと思わずにいられない。

【相談窓口】
「日本いのちの電話」
ナビダイヤル0570-783-556(午前10時〜午後10時)
フリーダイヤル0120-783-556(毎日午後4時〜午後9時、毎月10日午前8時〜翌日午前8時)

※女性セブン2020年10月22日号