テレビ局ではこの秋、新番組を始めたり、番組の放送時間を変えたりするなどし、新たな編成で放送をスタートさせている。中でも注目を集めているのがテレビ朝日だ。テレ朝が行う異例の改編とその狙いとは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 10日、11日からテレビ朝日の思い切った番組編成がスタートします。

 土曜はこれまで20時54分から22時10分まで放送されていた『サタデーステーション』を15分間短縮して21時55分に終了。21時55分から22時25分まで『あざとくて何が悪いの?』、22時25分から22時55分まで『ノブナカなんなん?』を放送します。

 日曜はこれまで21時から22時54分まで放送されていた『日曜プライム』を終了。夕方に放送していた『サンデーステーション』を21時から21時55分に移動し、21時55分から22時25分まで『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』、22時25分から22時55分まで『テレビ千鳥』を放送します(11日は『ポツンと一軒家』が2時間SPのため『サンデーステーション』はなし)。

 テレビ朝日は平日の21時54分から23時10分まで『報道ステーション』を放送していますが、土日の21時台に『サタデーステーション』『サンデーステーション』を放送することで“全曜日プライム放送”の形に変更。しかし、それ以上に驚かされたのは、土日の22時台に「30分番組のバラエティを2本並べる」という独自の戦略でした。

 民放主要局でプライムタイムの30分番組は、『おしゃれイズム』(日本テレビ系)くらいしかないにも関わらず、あえて2本並べるという異例の戦略には、どんな狙いがあるのでしょうか。

『マツコ会議』『有吉反省会』からの誘客

 テレビ朝日のプライムタイムは、『報道ステーション』や、『相棒』『科捜研の女』などのドラマに加えて、バラエティも購買意欲の劣る中高年層視聴者の多い番組が大半を占めているため、「世帯視聴率の数値ほど広告収入を得られていない」という状況が続いています。

 さらに今春、視聴率調査がリニューアルして視聴者層の詳細や視聴人数がわかるようになったことで、各局が広告収入を得るべく一斉にターゲットの若返りを実施。しかし、テレビ朝日だけはこれまでの経緯もあるからか、その姿勢を明確に示すことなく現在まで推移していました。

 平日の番組表は一足飛びに変えられない一方、「より若年層の視聴が見込める土日の22時台から勝負していこう」という狙いは理にかなっています。テレビ朝日の平日は『報道ステーション』終わりの23時台から若年層向けのバラエティを放送していますが、「土日は1時間前倒しして22時台からバラエティを見てもらおう」ということでしょう。

 ただ、「月曜23時台に放送されて好評だった『激レアさんを連れてきた。』を土曜22時台に移動させてうまくいかなかった」という反省があるためか、今回はネット動画の短尺コンテンツに慣れた若年層が見やすい30分番組を2本並べる形に変えました。

 他局に目を向けると、日本テレビが土曜23時台に『マツコ会議』『有吉反省会』という30分番組を並べて成功していますが、今回のテレビ朝日は「それと同じパターンが1時間前倒しした22時台でもうまくいくのではないか」とみているのでしょう。さらに深読みすると、「30分番組に慣れた『マツコ会議』『有吉反省会』の視聴者がその前の『あざとくて何が悪いの?』『ノブナカなんなん?』も見てくれるのでは」と考えているのかもしれません。

 また、『あざとくて何が悪いの?』と『ノブナカなんなん?』など、似たテイストの30分番組を2本並べることで、「テンポがいいため飽きられにくく、別番組という違和感が少ないためザッピングの可能性を減らせる」「一方の人気が出ると、その好影響でもう一方の人気も上がりやすい」などの効果が期待できます。

「失敗したら4つの番組を失う」ハイリスク

 逆に、似たテイストの30分番組を2本並べることで、「比較され、優劣をつけられやすい」「一方の不調にもう一方が引きずられ、2つの番組を失ってしまうかもしれない」などのリスクがあります。

 今回のテレビ朝日で言えば、もともと『あざとくて何が悪いの?』『ノブナカなんなん?』は単発特番、『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』『テレビ千鳥』は深夜帯のレギュラー番組ですが、プライムタイムに昇格させたことで「ヘタすると4本の番組を失ってしまうかもしれない」のが怖いところ。『ロンドンハーツ』『激レアさんを連れてきた。』のように「うまくいかなければ再び深夜帯に移動させればいい」という考え方もありますが、一度与えたネガティブなイメージを回復させるのは難しいものです。

 テレビ朝日は前述した番組以外にも、平日の深夜2時台に『バラバラ大作戦』という20分間の短尺バラエティ枠を作り、30代までの若手スタッフが企画プロデュースした14本の番組をスタート。また、今月31日にも、土曜の23時にドラマ『先生を消す方程式』、23時30分に『なにわ男子と一流姉さん』をスタートさせるなど、30分番組をたたみかけて若年層を集めようとしています。

 そんなテレビ朝日の番組改編を聞いて思い出したのが、1年前に金曜19時台から土曜夕方に移動した『クレヨンしんちゃん』と『ドラえもん』。土曜夕方は日本テレビが『名探偵コナン』など30分間のアニメを17時30分から2本放送していたため、テレビ朝日はそれにピタッとつなげる形で『ドラえもん』は17時から、『クレヨンしんちゃん』は16時30分からに編成しました。この編成に対する不満はいまだにくすぶり、成功しているとも言い難いため、今秋に関しても懐疑的な声が少なくないのです。

「そもそも『サタデーステーション』『サンデーステーション』のあとに、ムードも視聴者層もガラッと変わるバラエティを放送しても結果が出ないのでは?」という声もあるように先行きは不透明。ただ、テレビ朝日が他局より遅れていた若年層対策に力を入れはじめたことは間違いなく、業界全体の活性化を考えると成功を願わずにはいられません。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。