嵐の無観客ライブ『アラフェス 2020 at 国立競技場』が、デビュー日である11月3日に配信される。嵐のライブチケットというと、なかなか取れないことで有名だが、今回の無観客ライブは、希望するファン全員が配信チケットを購入することができる。

 当日は2部制で、ファンクラブ会員限定の「PART1」が16時半から18時まで配信され、19時半から21時までの「PART2」がファンクラブ会員以外も見ることができる。生配信ではなく、事前に収録されたものが配信されるとのこと。嵐の5人は、10月下旬に収録にのぞむようだ。

「朝から暗くなるまで収録する予定なので、秋の空の変化も楽しめると思います。ただ歌って踊るだけではなく、5人の個性を生かした見せ場も盛り込まれるはずです」(芸能リポーター)

 ステージを盛り上げる演出も凝りに凝ったものになりそうだ。

「アラフェスの演出はとにかく豪華。過去には1500発の花火を打ち上げたり、3万個の風船を飛ばしたり、300トンの水を撒いたりしてきました。今回も、屋外ならではの開放感溢れるステージが期待できますし、無観客の客席を有効に使ったまったく新しい演出になる可能性もある。

 松本(潤)さんは最新テクノロジーの活用にも興味を持っているそうですから、最先端のしかけが用意されるかもしれません。新国立での初めての大がかりなライブなのでファンだけでなく、業界も注目しています」(前出・芸能リポーター)

 前代未聞のネット配信に向けて、5人はファンを楽しませる工夫を凝らしている。「PART1」と「PART2」のセットリストは別のものになることを、松本はすでに公言している。芸能関係者が、ファン目線でこう予測する。

「『PART1』では過去の嵐のライブ映像がふんだんに使われ、ファンと一緒に嵐の歴史を振り返る形になるのではないでしょうか。未公開映像も含まれたら、うれしいですよね。『PART2』ではファンクラブ会員以外も見るので、ヒット曲中心の構成になりそう。メンバー5人がファンへ感謝の気持ちを綴った手紙が読まれる、と言っている人もいますよ」

 ライブそのものだけでなく、ライブ前も見どころになる。

「『PART1』の前にファンクラブ会員限定のスペシャルコンテンツが配信されます。ひょっとすると、今回の収録の舞台裏が公開されるかもしれません。メンバーが会場となる新国立競技場を紹介することも考えられます」(前出・芸能関係者)

 今年いっぱいを活動の期限としている嵐。新型コロナの影響もあり今回が活動休止前の「最後のライブ」となる可能性が高い。

「たとえオンラインであっても、嵐のメンバーは普段のライブと変わらない準備をしています。収録も『PART1』と『PART2』をそれぞれ分けて収録します。リハーサルから気を抜かず、収録日と合わせて計4日間、5人は新国立競技場のステージに立つことになる予定です。彼らの集大成が見られるはずです」(前出・芸能関係者)

 21回目のデビュー記念日。嵐はファンと共に、特別な思いでその日を過ごす。

※女性セブン2020年10月29日号