およそ2年2か月ぶりに火星が地球に接近し、ひと際赤く輝いていた10月6日の夜。都内某所で美女と“接近”する錦戸亮(35才)の姿があった。錦戸は男性1人、女性2人とともに座敷で焼き鳥を楽しんでいたという。

「個室がなく値段もそれほど高くない庶民的な店で、錦戸さんたちはかなり目立っていましたね。錦戸さんは下座で、みんなの注文をとったりと紳士的な対応をされていました。斜向かいに座った彫りの深いモデル風の美女と、かなり親密そうに話していましたよ」(店に居合わせた客)

 錦戸は一足先に席を立ち、スマートに会計を済ませると、店の外でたばこをくゆらせながら女性たちが出てくるのを待っていたという。

「モデル風の女性は焼酎を飲んでいて、店を出る頃にはへべれけ。彼女のグラスには半分くらいお酒が残っていて、“もう私、これイッキしたらダメだと思う”と笑いながら話してましたが、ややろれつが回っていないようでした」(前出・居合わせた客)

 その後、4人は揃って別の店へと向かった。

 この夜、錦戸はアーティストとしての“新しい試み”に胸を高鳴らせていたはずだ。というのも、錦戸は翌日の7日から2日続けて、日本武道館初となる無観客配信ライブ『錦戸亮 ONLINE LIVE“不撓不屈” at 日本武道館』を開催。初日はファンクラブ会員限定で、弾き語りを配信すると告知されていた。美女と“合コン”をする余裕があったのだろうか。

「このオンラインライブは収録だったので、そこは問題ないのでしょうが、それとは別の問題が発生しました。ファンの中には生中継だと勘違いした人がいたようなんです。というのも、チケット購入者には、開演時間に間に合わなくても後で見られる“見逃し配信”の存在が告知されていたからです。

 ところが、システム障害でログインできない人が続出し、スタート時間が1時間半も遅れたのに、開演後、錦戸さんがそのことを詫びることなく進めたため、“生中継ではないのかも”と違和感を覚えた人がいたようで……。一部のファンからは、“告知の仕方も運営もずさん”“返金レベルでは?”などと批判する声が出ていたようです」(音楽関係者)

 だが、事務所側によれば、当初から生放送ではなく収録を配信する「ディレイ放送」の予定だったという。ファンを“勘違い”させた面はあるものの、錦戸は初日の弾き語りに続き、8日にはバックバンドを引き連れてステージへ。無観客を逆手にとって会場の客席で歌ったり、ドローンを飛ばして撮影するなど、凝った演出で圧巻のパフォーマンスを披露。前日の“汚名返上”となった。

 再び冒頭の夜に戻ろう。2軒目の店から出てきた錦戸は、酔って足元のおぼつかない女性の手をとりエスコートしつつ、一緒にタクシーへ。“もしかしてお持ち帰り?”と思われたが、錦戸は自宅近くで降り、ひとりで帰宅。火星がもっとも赤く輝く夜に、燃える恋心は生まれなかった。独立から丸1年。しっかりとファンの気持ちを掴み続けているようだ。

※女性セブン2020年10月29日号