映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、加藤雅也がハリウッドに挑戦し、一区切りつけて再び活動の場を日本に移すまでについて語った言葉をお届けする。

 * * *
 加藤雅也は一九九〇年代後半に渡米、現地エージェントと契約してハリウッドに挑戦した。

「『クライングフリーマン』(九六年)という映画を試写で観た向こうのエージェントから『来ないか?』という話があったんです。『セブン』のエグゼクティブ・プロデューサーでもあり、アンディ・ガルシアやウィレム・デフォーやピアース・ブロスナンのマネージャーでもある人です。『面倒見るから』と言われたら、行くでしょう。

 でも、オーディションでいいところまでいっても金メダルがとれない。銀まではいくんです。でも、金でない限り役にありつけない。主役をやる予定だったイギリス映画はユーロが暴落して投資家がいなくなったり、『クロウ2』ではかなり気に入られていましたが、最終でヴァンサン・ペレーズに決まったりとか。

 可能性がありそうだから、諦めきれないんです。オーディションで『はい、さようなら』と言われたわけではなくて、監督から『もう一度、会いたい』とか言われていましたから。でも最後は『英語が不安だ』と言われてしまう。今なら日本語の訛りもかなり受け入れられていますが、当時は日本人がアクセントのある英語を喋り出したら観ている人に拒否されると思われていたんです」

 演技の勉強にも、アメリカで本格的に触れることになる。

「日本では見様見真似でやっていましたが、アメリカでは一つのシーンを撮る前にエクササイズがある。でも、それを何のためにやるのか分かりませんでした。日本には演技のセオリーがないから。それで演技を勉強することにしましたが、英語が一〇〇%じゃないから、初めはついていくだけで精一杯でした。それで、同じクラスを二年続けて受けたりしましたよ」

 北野武監督によるアメリカ舞台のヤクザ映画『BROTHER』への出演をきっかけに活動の場を再び日本に移す。

「その2年ほど前、北野監督と『残侠』という映画でご一緒した時に『加藤君、英語できるようになった?』と聞かれて『まあまあです』と答えたら『じゃあ今度、声をかけるからさ』と。それでリトルトーキョーのボス役をやれることになりました。

 ところが今度はアメリカのエージェントが『「BROTHER」という映画のオーディションがある』と言ってくるんです。それが、ボスの子分役で。『そのボスが誰か知ってる?』とエージェントに聞いたら『知らない』と言うものだから『俺だよ』と返しましたよ。

 ちょうどそんな頃にジョージ・チャンという中国系俳優に『雅也、なんでお前はアメリカにいるんだ。日本にも素晴らしい監督はいるだろう。アメリカでB級C級をやらなくてもいいじゃないか』と言われたんです。

 たしかに、そうなんですよね。日本ではこんなに素晴らしい監督がこんなにいい役でキャスティングしてくれるのに、アメリカでは当時、東洋人は軽くあしらわれる事が多かったのです。

 それで日本でもっといいクリエイターたちとやりたいと思うようになっていきました」

【プロフィール】
春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『すべての道は役者に通ず』(小学館)が発売中。

■撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2020年10月30日号