コロナ禍でこれまで以上に“商品価値”の浮き沈みが激しくなった芸能界。人気商売であるタレントの“格”が如実に反映されるのが「CM出演料」だ。本誌・週刊ポストは大手広告代理店がCM交渉のために作成した最新の「ギャラリスト」を入手した。

 リストの金額はテレビCM単体の出演料ではなく、新聞広告やイベント、インターネットなどへの露出も含めた「年間契約料」の相場を示している。

 今年は各企業が広告費を抑えており、タレントにとっては“冬の時代”だが、躍進を遂げた女優もいる。本誌・週刊ポストが4年前(2016年8月26日号)に入手した同様のリストと比較して「大幅アップ」したのが、長澤まさみ(33)だ。

 4年前に6000万〜7000万円だった長澤は、最新の“査定”で8000万〜9000万円と2000万円アップ。大手広告代理店関係者が語る。

「出演映画が立て続けに大ヒットしたことが最大の理由です。最近は映画公開に合わせて主演級がテレビ番組にパブ出演するため、長澤の露出が増えていることも人気を後押ししている」

 続いて上位でギャラアップを勝ち取ったのが井川遥(44)。4年前から1000万円アップの7000万〜8000万円だ。

 ドラマ『半沢直樹』の女将役で中年男性の心を鷲掴みにした旬の女優だけに「当然の結果」かと思いきや、前出の代理店関係者は驚きの声を上げる。

「CMのギャラというのは一定水準まではドンと上がる世界ですが、高額ゾーンはスター揃いのため伸び悩む。40代を迎えてギャラがアップしたのは異例で、サントリー『角ハイボール』などの出演効果がいかに高かったかを証明しています」

 4年前に4000万〜5000万円だった有村架純(27)、3500万〜4000万円だった広瀬すず(22)はそれぞれ「倍増」。飛躍した若手女優には共通項がある。

「NHKの朝ドラ主演です。有村さんは『ひよっこ』(2017年)、広瀬さんは『なつぞら』(2019年)に出演。老若男女の幅広い人気を得て大きく好感度、認知度が上昇した」(同前)

※週刊ポスト2020年10月30日号