厳しいしきたりと、複雑な人間関係の上に成り立っている歌舞伎界。その世界で、“超勝ち組”と称されているというのが三田寛子(54才)だ。

 三田は1991年に当時の三代目中村橋之助(現在の中村芝翫)と結婚。3人の男児を出産し、現在はそれぞれ中村橋之助、中村福之助、中村歌之助を襲名、歌舞伎俳優として活躍している。

 女性セブン2020年10月29日号では、三田寛子と長男橋之助の近況が報じられている。橋之助は現在、祇園の元芸姑Mさんと交際中。しかし、三田が2人の結婚に反対しているということから、長男は三田の元を離れ、父・芝翫の実家に身を寄せているというのだ。

 まさに“厳格な梨園の妻”を体現する三田。ネット上では、〈古くからのしきたりにも精通し お姑さんとの仲も良い理想の妻〉、〈テレビで見せる微笑みの裏に強さを感じますね〉、〈3人の男の子を育て3人とも歌舞伎役者にしたのは凄い功績だと思う〉などの意見があった。ほんわかしたテレビでのイメージとは裏腹に、“強い女性”、“理想の妻”、“厳格な母”といった印象を抱く人が多いのだ。

 そんな三田について、エンタメ業界に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう話す。

「2016年に、中村芝翫を襲名する直前の当時の橋之助さんが、芸姑との不倫を報じられた際、三田さんは“夫婦で反省しております”と謝罪しました。自分に否があるわけでもないのに、三田さんがしっかり謝ったことで、不倫騒動はそこまで大きくならなかったと言われています。三田さんの対応で、傷を最小限に食い止めたということです。この騒動で三田さんの株が上がったのは間違いないでしょうね」

 当時、バラエティー番組のキャスティング会議では、頻繁に三田の名前が挙がっていたという。制作会社関係者はこう話す。

「天然ボケ的なコメントもできるし、梨園の妻という特殊なキャラクターもある。さらには夫の不倫騒動でのすばらしい対応での話題性もある……ということで、トーク番組やバラエティー番組のゲストとしては、これ以上ない存在だったんです。番組ゲストの候補として、よく会議で名前が出ていて、それこそ“時の人”といったような形で、大ブレイクするのではないかと言われていましたよ」

 三田は継続してテレビに出演しているが、必ずしも“バラエティー番組で大ブレイク”というものではなく、“適度の出演”といった印象だ。

「やはり基本は“梨園の妻”という立場なのだと思います。しっかり夫や息子たちを支えるということが第一で、自分の芸能活動は二の次なのでしょう。ただ、だからといって完全に裏方になってしまわないのも、三田さんのすごいところ。『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)にはよく出演していますし、『とくダネ!』(フジテレビ系)や『ひるおび!』(TBS系)のコメンテーターも務めている。自らがテレビに出演することが、家族全体の宣伝にもイメージアップにもつながるということをちゃんと理解していて、それを確実に実践しているということなのだと思います。

 下手にバラエティー番組に出まくって消費されてしまうと、また別のイメージが植え付けられる可能性もあります。そういったことを回避しつつ、テレビ出演を継続しているという点に、類まれなる自己プロデュース力を感じざるを得ません。“梨園の妻”と“タレント活動”をここまで奇跡的なバランスでこなすケースは本当に珍しいかもしれませんね」(大塚氏)

 三田が、史上最強の梨園の妻となる日も近そうだ。