遺品整理や遺産相続、お墓問題など、哀しみに暮れてばかりいられないのが、身近な人の死だ。一方で、突然の死の場合には、その諸問題がなかなか解決されないという哀しみも多いのかもしれない。複雑な家庭事情も絡み合い、遺骨の行方すらわからなくなって──。

 三浦春馬さん(享年30)の突然の死から3か月、残された者の哀しみは消えない。

「最後に出演したドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)の放送が終わっても、12月には主演映画『天外者』が上映されるし、来年3月には映画『ブレイブ -群青戦記-』が公開される予定です。春馬くんの顔を見られてうれしい半面、スクリーン越しに出会うたびに、“ああ、彼はもういないのか”という寂しさが余計に募るでしょうね」(50代女性ファン)

 寂しさのかたちは、立場が変わると変化を見せる。三浦さんの知人が追想する。

「彼が好きだったウイスキーを飲むときにふと思い出したり、彼が好きだったビリヤードをやっているときにそっと脳裏をよぎります。どこかのタイミングで、春馬さんが突然降りてくるんですよね」

 さらに近しい関係者に聞けば、思い出話が出てくるものと想像したが、そうではなかった。

「ぼくらにとって重要なのは思い出ではなく、現在進行形の問題です。お墓がどこにあるか知りたいし、そこに駆けつけて線香をあげたい。それに彼が最後に住んでいたマンションにあった遺品はどうなったのか。彼が大切にしていたものは……。気にかかることだらけなのに、亡くなった後の情報を母親が表に出さないため、身動きが取れません」(三浦さんと近しい関係者)

 四十九日に納骨を行うことが一般的ではあるが、実は三浦さんはいまだに墓がない。そして彼と近しい関係者でさえ、遺骨がどこにあるかわからない状況なのだ。三浦さんの親族が語る。

「私たちですら墓の場所もわからなければ、遺骨の前で手も合わせられない。月命日になんとなく手を合わせるだけしかできなくてね……」

 爽やかな笑顔で日本中から愛された三浦さんの周辺で何が起こっているのか。それを知るには、彼の複雑な生い立ちを知る必要がある。

 三浦さんは茨城県の田園地帯にある一戸建てで育った。就学前から両親が共働きだったため、夜遅くまでお腹を空かせて両親の帰りを待つことが多かった。両親は三浦さんが小学校低学年のときに離婚、ほどなくして母親は5才年下の男性と再婚した。三浦さんは母と継父の3人で暮らすようになったという。

 幼少期の三浦さんが、不安を紛らわすように打ち込んだのが「芝居」だった。5才から通い始めたアクターズスクールでは、くりっとした瞳と端正な顔立ちで周囲の大人を魅了し、7才のときにNHK連続テレビ小説『あぐり』で子役デビューした。その後、14才で大手事務所に所属し、芸能活動をするために高校は堀越高校(東京・中野区)に進学して、親元を離れてひとり暮らしを始めた。それから俳優としての階段を着実に上る息子を、母親は手放しで応援した。

「母親は春馬さんの出演作品を欠かさずチェックし、舞台を見るために全国を回りました。継父も義理の息子を熱心に応援していた。この頃は家族の関係が良好で、春馬さんは継父について『よくしてもらっている』と語っていました」(前出・三浦さんの知人)

軽く億を超える預金が残された

 だが三浦さんが高校を卒業し、役者としての活動の幅をさらに広げると、家族のかたちに変化が生まれる。

「春馬さんが人気俳優になるとともに、彼が家族を支える存在になっていき、そして親も彼を頼るようになったんです。8年前くらいに母親と継父が離婚した後、ひとりになった母親を支えなきゃいけないという思いが春馬さんのなかでより強くなっていった。

 ただ、しばらくすると春馬さんの糸が切れてしまいました。自分のサポートがかえって母親のためにならないのではないかと悩み、春馬さんは母親の籍から自分の名前を抜き、携帯番号も変えて、母親との縁を絶ったのです」(前出・三浦さんの知人)

 その頃と前後して三浦さんは約20年ぶりに実父との再会を果たす。しかし、この再会がさらなる葛藤を生んだ。

「最初こそよい関係だったけど、次第に実父にも金銭的な支援をしないといけなくなったのです。『実の父親まで……』とショックを受けた春馬さんはひどく落ち込み、精神的にますます不安定になり、酒量が増えていきました」(前出・三浦さんの知人)

 完璧主義者の三浦さんは、誰にも「助けて」と言えずに、苦悩を深めていった。その一方で、母親と袂を分かったあたりから、三浦さんには生活の余裕が生まれたという。

「家族へどれくらいの額の支援をしていたかは知らないけど、仕事をした分だけお金が残ることを純粋に喜んでいました。といっても物欲が強い方ではなく、彼は貯金の楽しさに目覚めたようでしたね」(前出・三浦さんと近しい関係者)

 三浦さんが亡くなったマンションが都心からやや離れていることや、豪勢な生活ぶりが一切うかがえないことから、“事務所との契約などで、活躍に見合ったお金は持っていなかったのではないか”と噂されたこともあった。

「真逆ですよ。彼は売れっ子俳優になっても不動産を持たず、稼いだお金の多くを貯金していました。実は相当な銀行預金を抱えていたんです」(前出・三浦さんと近しい関係者)

 自死から約1か月後に発売されたセカンドシングル『Night Diver』には、三浦さんが作詞作曲を手がけた楽曲『You&I』が収録されている。このシングルは初週売り上げで20万枚を超える大ヒットとなった。

「亡くなっていますが、作詞作曲の印税や歌唱印税は三浦さんに入ります。売上枚数からしても、決して少なくない額ですね」(音楽関係者)

 生前の貯金に死後の収入を加えると、三浦さんの遺産は莫大な額になる。

「軽く億を超える額面だそうですが、その巨額遺産の行方が定まっていないんです」(前出・三浦さんと近しい関係者)

 ここにも頭をのぞかせるのは家族の問題だ。

「母親と距離を取る以前、春馬さんは経済面でかなりのサポートをしていました。母親は昔こそ安い軽自動車に乗っていましたが、春馬さんが売れっ子になってCMが決まるたびに数百万円単位でマイカーがグレードアップしていった。それが春馬さんなりの愛情表現だったんです。

 母親は春馬さんがどれほどの遺産を残したかよく知っていたでしょう。それだけに、息子が亡くなった後、近しい関係者などに、慎重に接するようになったこともよくわかります」(前出・三浦さんの知人)

 その姿勢は、三浦さんの死のすぐ後からみられた。

「密葬を行った際、友人たちはもう少しゆっくりお別れをしたいと希望しましたが、母親はすぐ荼毘に付して、最後のお別れをしました。当時は混乱した状況で仕方のない面もあったかもしれませんが、多くの友人たちは、いまだに遺骨がどこにあるかわからないことに戸惑いを感じています」(前出・三浦さんと近しい関係者)

遺品や遺産が散逸することも

 友人たちの一部は、三浦さんが大切にしていたものなどを譲り受けて、形見として彼がこの世に生きた証にしたいと望んでいるそうだが、三浦さんの母親とはなかなか連絡がつかないという。

「むしろ避けられているんじゃないかとの疑念が生じています。このまま大切な遺品を処分されてしまうのではと心配です。もちろん、春馬さんの残したものが大きいだけに、『遺産目当てで近づいてくる者もいるのでは』と母親が疑心暗鬼になるのもわかるのですが……」(前出・三浦さんと近しい関係者)

 三浦さんの両親の関係の複雑さが、遺産、遺品、そして遺骨や墓の行方をさらに不透明にしている。すでに指摘したように、三浦さんには実父、実母、継父と3人の「親」がいる。三浦さんをずっと育ててきたのは母親だが、この数年は断絶し、実父を頼ったこともあった。

「離婚した実母と実父は春馬さんの生前から、緊密に連絡を取り合う仲ではありませんでした。そんななかで突然、相続権利のある莫大な遺産が生じて、率直に言って2人とも困惑しているようです。弁護士を通じての協議ということになるのでしょうが、まだ話し合いすら始まっていない。だから遺骨やお墓をどうするかも、まったく宙に浮いています」(三浦家の関係者)

 未婚で子供のいない三浦さん。法的にはどうなるのか。司法書士法人ABC代表の椎葉基史さんが指摘する。

「三浦さんは実母の戸籍から籍を抜いたそうですが、基本的に籍を抜いても戸籍が別になるだけで、法律上の親子関係は切れません。また離婚して母親が育てた期間が長くても実父の相続権は消えないので、実質的に実父と実母が相続権を持つことになります。ただし再婚相手の継父と三浦さんが養子縁組をしていれば、継父に相続権が生じる可能性もあります」

 一般論でいえば、両親で遺産を半分ずつ分けることが妥当であるのだが──育てた期間を考えれば実母が、最後の数年間、実母との縁を切っていた事実を鑑みれば実父が、より有利な権利を主張できるようにもみえる。

「遺産分割をする前に、一部の家族しかその存在を把握していない遺品や遺産が散逸してしまうことは、少なからずある事態」(前出・椎葉さん)というので、三浦さんの残したものにも心配は尽きない。そうした不安定な状況が、墓にも影響する。

「遺骨をいま、父と母のどちらが持っているのか。分骨をすることになるのか。どちらの墓に入ることになるのか。それとも、どちらかが新しく建てる墓に入るのか。それらは、今後の遺産分割の協議とも密接に関係します。本当にわからないことだらけで、いつになったら話し合いが決着して、墓に納骨がされるのか、想像もつきません」(前出・三浦家の関係者)

 三浦さんの遺作となった『おカネの切れ目が恋のはじまり』の最終回では、相手役の松岡茉優(25才)が、過去に金銭トラブルを犯して家族の元を離れた父親に、涙ながらにこう訴える。

「お金はたくさんないけど、毎日結構幸せ。毎日結構楽しい」

 お金が幸せや楽しみを生むことがあれば、逆にトラブルを招くこともある。三浦さんは、貯金を巡る哀しき確執に、天国で何を思うだろうか。

 三浦さんのファンがせめてもの惜別の機会として期待するのが、お別れ会だ。所属事務所は死の直後からお別れ会の開催を明言している。

「年内に開く予定で動いているようですが、ネックは新型コロナ。多くの人が会場に押し寄せるリスクがあり、開催の形式が慎重に検討されているようです」(芸能関係者)

 所属事務所に尋ねると、「詳細が決定次第、発表させていただきます」と回答した。三浦さんの自宅マンションには故人に縁のある品が多く残る。ファン心理としては、そうした品々をお別れ会で展示してほしいところだが、このマンションも三浦さんの親が管理しているようで、今後どうなるかは不透明だ。三浦さんの百箇日法要は10月25日。山積みの問題を区切りの日までに解決するには、時間はあまりに少ない。

※女性セブン2020年11月5・12日号