気温15度と肌寒かった10月中旬、小松菜奈(24才)が都内繁華街の駅前でショッピングを楽しむ様子をキャッチした。マスクでほとんど顔が隠れているにもかかわらず、すれ違う人たちの多くが二度見していたほどのオーラ。さすがは今の映画界で、最も注目されている女優だ。

 黒のレザーベストにミニスカート。派手な柄のインナーと薄黄色のシャツ、足元は黒のロングブーツと、ロックテイストのオシャレな着合わせは、街中でも目立っていた。

 今年の夏は、過去に何度も共演歴があり、3月に熱愛が報じられた俳優の菅田将暉(27才)との恋愛映画『糸』が、観客動員160万人、興行収入21億円を超える大ヒットをした。ある映画配給会社関係者が語る。

「舞台あいさつなど映画のPR活動でも、菅田さんとの仲の良さを隠さずに堂々と振る舞われて、通常の何倍もの宣伝効果になりました。劇中の2人のラブシーンにも、観客は役の先の2人を想像して、より高い評判を呼ぶ結果になりました」

 11月13日からは家族愛を描いた映画『さくら』が、来年には林遣都(29才)とのダブル主演恋愛映画『恋する寄生虫』の公開を控える。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

 前出の映画配給会社関係者は「小松さんはテレビドラマにはほとんど出演せずに、映画ひとすじの女優活動。なかなかテレビで見かけることができない女優さんで、まさに銀幕のヒロインなのです」と解説した。

 中学時代からティーン向けファッション誌でモデルとして活躍。身長も170センチ弱と抜群のスタイル、テレビにはあまり出ないというレア感も合わさり、同世代の女性に圧倒的な人気を誇っている。国内きってのアーティスト性と演技力を備えたイケメン俳優・菅田将暉との交際も、同じ女性たちに憧れられる理由だろう。

 10月11日の『糸』大ヒット御礼舞台あいさつへ寄せたコメントでは「相方の菅田将暉さんには本当にお世話になりました。菅田さんが堂々といてくれるからこそ、とても心強くて、(役の)葵として存在することができたと思います。また違う作品で共に戦えることを楽しみにしています」と感謝を述べていた。

 ある芸能女性リポーターは「こういう堂々とした姿も憧れられる理由でしょう」と語る。冒頭で触れた私服のファッションを見ても、男女問わず多くのファンを惹きつけるカリスマ性が伝わってくるといえるだろう。