物事の始点だけでなく、終点に着目し周辺状況も整理すると、意外な事実が出てくる――。11月3日午後9時から、昭和の人気音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS系)がCS・TBSチャンネル2で再放送される。6月から始まった特別企画の第3弾は1980年8月14日の放送回をオンエア。この日は、松田聖子が初ランクインして羽田空港の滑走路で『青い珊瑚礁』を歌唱した。同年、山口百恵が引退し、ピンクレディーも解散を発表。松田聖子や河合奈保子、柏原よしえ、田原俊彦などがデビューし、アイドル新時代の幕が上がった。

 1989年9月まで放送された『ザ・ベストテン』で、田原俊彦と松田聖子は1位、2位のランクイン回数を誇っている。2人が同時にベストテン入りしたのは、1980年8月14日が初めてだった。田原と聖子の人気は凄まじく、ランキングの1位、2位を争うだけでなく、ファンから2人の恋愛関係が疑われ、今では考えられない出来事が起こった。

 1980年9月4日、『哀愁でいと』で1位の田原俊彦がミラーゲートから登場すると、司会の久米宏が「松田聖子さんとの仲は本当はどうなんでしょう。心配で夜も眠れないんです」という視聴者からのハガキを読み上げた。番組は多数のハガキ内容を分析し、ファンが不安に思う理由をフリップに4つ書き出した。

【1】いろんな番組で2人が仲良く共演している
【2】11月19日に結婚する山口百恵と三浦友和がペアで出演した『グリコアーモンドチョコレート』のCMを2人が務めている
【3】『ザ・ベストテン』で2人並んで写真を撮っている
【4】新聞のテレビ欄で2人の名前が並んでいる

 田原は「皆さん心配しないでください」と話し、でスタジオにいた聖子も「私も田原くんが今言った通りにそれだけで。困ってるんですけども……」と否定した。

 この熱烈なファンの声を受けて、番組は異例の措置に出る。自主的に【3】と【4】を禁止したのだ。まず、【4】〈新聞のテレビ欄で2人の名前が並んでいる〉を調べてみよう。初めて2人が同時にランクインした1980年8月14日の新聞のテレビ欄は以下のようになっている(※TBS、夜9時台のテレビ欄の表記。「ほか」は半角。以下同)。

〈00 ザ・ベストテン
アリス 西城秀樹
もんた&ブラザーズ
田原俊彦 松田聖子
ロスインディオス
黒柳徹子ほか〉

 翌週は「松田聖子 田原俊彦」、翌々週は「田原俊彦 松田聖子」となっている。そして、このハガキが読まれた9月4日も、「田原俊彦 松田聖子」と並んでいた。これが、ファンの焼きもちを生んだ1つの理由だったのだ。テレビ欄を見ると、9月4日には「五木ひろし 八神純子」という横並びもあり、このペアは9月18日、10月2日にも名前が続けて掲載されている。しかし、五木ひろしと八神純子には恋の噂は出なかった。

 ファンに配慮したのか、翌週の9月11日から田原と聖子の名前は切り離された。しかし、『ザ・ベストテン』は違うカードを切ってきた。

〈00 ザ・ベストテン
松田聖子 郷ひろみ
田原俊彦 五木ひろし
ジューシィフルーツ
もんた&ブラザーズ
ロスインディオス
八神純子ほか〉

 郷ひろみを松田聖子の横に持って来たのだ。この並びを見れば、八神純子や五木ひろしを松田聖子の隣にすれば、当たり障りない人選になる。しかし、番組スタッフは田原ファンの反応にヒントを得て、テレビ欄の配置でも視聴者の気を引こうとしたのかもしれない。2人の並びは3週続いた。

『ザ・ベストテン』は番組終了直前に毎回、ソファーに座るスタジオ出演者の集合写真を撮っていた。俗に言う“ハイポーズ写真”(【3】に該当)である。これを調べてみると、8月14日、21日はたしかに田原俊彦と松田聖子が横に並んでいる。28日は、向かって真ん中やや右寄りから司会の黒柳徹子、田原俊彦、西城秀樹、松田聖子の順で座っていた。

 そして、先述の手紙が読まれた9月4日は左端に田原俊彦(右隣はロスインディオスのメンバー)、右端に松田聖子(左隣はもんたよしのり)という極端に離した配置になった。この週から、2人は隣に座らなくなった。

 物事の始まりは大々的に取り上げられるが、終わりがハッキリしない場合も頻繁に見受けられる。田原俊彦と松田聖子の“2人並んで写真を撮らない”“新聞のテレビ欄に2人の名前を並べない”という決まりは、いつ崩壊したのか。新聞のテレビ欄を辿ると、抗議のハガキから5か月後の翌年2月5日に解禁されている。

〈00 ザ・ベストテン
西田敏行 タモリ
竜鉄也 チャゲ&飛鳥
近藤真彦 ザ・ぼんち
松田聖子 田原俊彦
雅夢 西城秀樹〉

 その3か月後の5月7日には“ハイポーズ写真”で2人が並んでいる。田原と聖子の仲をファンが羨み、『グリコアーモンドチョコレート』のCMは1作で終わってしまったが、『ザ・ベストテン』の2人を並ばせないという規則は意外と早く消えていたのだ。

 それもそのはず、『ザ・ベストテン』で近寄らなくても、『ヤンヤン歌うスタジオ』(テレビ東京系)などで一緒にコントを演じたり、『レッツゴーヤング』(NHK)で共に司会を務めたりしていた。また、他の番組のテレビ欄では〈田原、聖子恋人役!?〉(1980年12月18日『たのきん全力投球!』TBS系)などと記載されており、『ザ・ベストテン』で横並びにしなくても意味がなかった。

 ちなみに、1981年3月5日から3週連続で“ハイポーズ写真”で松田聖子と郷ひろみは隣に座っている。この2か月後の5月下旬に、2人の関係がワイドショーやスポーツ紙で取り上げられた。対象は違ったが、アイドル同士が“ハイポーズ写真”“新聞のテレビ欄”で横に並ぶことを訝しがるファンの勘はある意味、当たっていた……のかどうか。

『ザ・ベストテン』で田原俊彦と松田聖子の同時ランクインは、1980年8月14日から1988年10月13日まで計163回ある。“ハイポーズ写真”で隣同士になったのは11回、“新聞のテレビ欄”で横に並んだのは23回(1982年12月30日〈トシ・聖子仲良しテニス〉、1983年7月14日〈俊 聖子と華麗なる競演〉含む)。ともに最後は1984年12月13日で、2つ同時は4回しかなかった。

 そのうちの1回である1980年8月14日分が再放送される。今から40年前、『ザ・ベストテン』の盛り上がりを堪能したい。

■文/岡野誠:ライター、松木安太郎研究家。著書『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)では〈『ザ・ベストテン』の時代〉という章も設け、巻末資料で公式本にも載っていない年別ランキングデータを収録。また、田原の1982年、1988年の全出演番組(計534本)の視聴率やテレビ欄の文言、番組内容なども掲載している。