映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優の黒沢年雄が、映画俳優を志して、各社のニューフェイスを受験したころについて語った言葉をお届けする。

 * * *
 黒沢年雄は一九四四年、横浜に生まれる。少年時代はプロ野球選手を目指したが十六歳で挫折、同時期に母親を亡くした。

「おふくろが死んで、それからだ。ちょっとぐれて、町の不良になった。もう学校には行ったり行かなかったり。それでも犯罪だけは起こさなかったけど。

 それで思ったんだ。俺はもしかしたら将来やくざになる。でも、やくざは嫌だ──と。

 もっと大きな夢を持たなきゃ──と思っていた時に映画俳優になろうとなった。映画俳優は野球選手と同じように夢を与えることができる。石原裕次郎さんは俺に夢を与えてくれた。寂しい時、悲しい時、お腹がすいてる時でも、映画を見ている時はみんな忘れさせてくれる。

 俺、映画俳優になるからそういう学校に入れてくれと親父に言ったら、一言、『金なんてねえよ』と。それで、いろんな仕事を経験して、それを俳優の役に立てようと思ったんだ。やれるものは、全部やったんです。夜はキャバレーのボーイ。十一時半頃までやったら朝四時までバーテン。ダンプの運転免許も持っている。二年半で三十くらいの仕事をやったんだよ。一挙に三つ四つ掛け持ちでね。だから、俺の演技は全て実体験から来ている。

 車のセールスマンもやったんだけど、サラリーマン役はできなかったな。唯一できない。俺はキャラクターが強いから。

 のちに森繁久彌さんにも『お前はサラリーマンできないな』とよくバカにされましたよ」

 黒沢は一九六四年に東宝のニューフェイスを受けて合格、俳優の道を歩み始めることになる。「実はその前に大映と日活も受かっていたんだ。でも、そうなるとだんだんズルくなってね。東宝が一番大きい会社だから、全て断って東宝を受けることにした。昼は陸送の運転手、夜はキャバレーのボーイをしながら、東宝を受けるチャンスを待った。

 一次審査。面接だよ。ずらっといろんな人が並んでいる中に新珠三千代さんがいた。俺、大ファンだったんだ。それで質問されて頭が真っ白になって、恥ずかしくて地べたに寝ころんじゃった。そしたら進行係が『君、まじめにやれよ』と言うから『こんなキレイな人に質問されて素直に答えられるわけがない!』と反発しちゃったんだよね。

 それでも二次で通った。居合わせたカメラマンの大竹省二さんには『お前が一人目立っていたぞ』と言われました。

 そして最終審査。俺の順番は早かったんだけど、わざと遅れて最後の方に行こうと思った。それで大道具倉庫の裏に隠れていたんだ。で、頃合いを見て会場に入った。他の人の審査をしている最中に制止を振り切って。

 そして真ん中に立って『すみません! 駄目かもしれませんが、僕の話を聞いてください!』って。この時のセリフも既に考えてあった。『十六歳の時に母が四十歳で死にました。弟は十四、十二、十。僕は今、働いて稼いでいます。僕を採らないと映画界の損失になります!』とかなんとか言ったんだよ。

 最終的に受かったのは、男では俺一人だった」

【プロフィール】
春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『すべての道は役者に通ず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2020年11月20日号