出場資格者は「女性芸人」だけ──そんな新しいお笑い賞レースが『THE W』(日本テレビ系)だ。ノンフィクションライターの中村計氏が、最新の第4回大会の現場からレポートする。(文中敬称略)

 * * *
 10組しか残れないのか。なんと、もったいない。それが10月22、23日と2日間にわたって行われた『女芸人No.1決定戦THE W2000』準決勝を観た率直な感想である。

 出場したのは38組。各組とも両日参加し、2本ネタを披露しなければならない。それだけ観れば、つまらないものもありそうだが、少なくとも「まったく笑えない」みたいなネタは1つとしてなかった。昨年から総合演出を手掛ける宮森宏樹は嘆息する。

「今年、参加していただいた女性芸人の方に聞いてみたいんですよね。コロナの影響で舞台数は減っているのに、どうやってネタを磨いていたんですか、と」

 1年で急激に成長している芸人が多数いたそうだ。

「昨年優勝した3時のヒロインが、ほぼ無名の状態から一気に人気者になった。今年もまた新たなドラマが生まれる予感がしています」(宮森)

『THE W』が産声を上げたのは4年前だ。

「昔は容姿いじりが女性芸人の主流だった時代もあったと聞いています。でも今は友近さんなどに代表されるように、純粋にネタのおもしろさで勝負されている方がどんどん出てきた。女性ならではの毒の効いたネタ、シュールな世界観など、表現のバリエーションも増えてきた。渡辺直美さんはお笑いの世界を飛び出し、ファッション界でも活躍されています。そうした状況下で、新しいスターを発掘したいというテーマがあります。それと、女性芸人の方からも、女性同士の真剣勝負の場が欲しいという声があったそうです」(宮森)

 そんな『THE W』が大改革に着手したのは第3回を迎えた昨年だった。背景にはファンや芸人の大会に対する「レベルが低い」等の厳しい声があった。

 制作サイドは月1回程度の割合で、女性芸人に限定したライブ「THE W presents 女芸人祭り」を開催。ネタをブラッシュアップする場を作り、お客さんにアンケートをとりネタ作りの参考にしてもらった。芸人にヒヤリングを行い、観客との距離、スタジオの景色等、ネタをしやすいセット作りを心がけた。

「テレビのスタジオって結構広くて、天井も高い。でも演者さんからすると、もっと閉じられた空間の方がやりやすいそうなので、両サイドに壁を作りました。他にも、お客さんの顔が見渡せるように席も階段状にしたり。5つぐらいの劇場を回って、劇場に近いセットにしたんです」(宮森)

 採点方法も大幅に変更した。それまでは視聴者投票で勝敗を決めていたが、実績のある芸人6人を審査員に招いただけでなく、ノックアウト方式というお笑いの賞レースとしては新たな採点方法を採用した。

 決勝戦は、まず10組を2つのブロックに分ける。そしてファーストステージは、5組のうちまず2組がネタを見せて勝敗を決め、3組目以降は「前の勝者とどちらがおもしろかったか」という二者択一で勝敗が決められる。両ブロックを勝ち抜いた2組で最後、決定戦を行う。同方式に踏み切った理由を宮森が説明する。

「あらゆる賞レースの採点方法を比較検討したのですが、『THE W』は他のお笑い賞レースと決定的な違いがある。異種格闘技戦なんです。漫才もあれば、コントもあれば、ピン芸もある。もっとも客観的評価が難しい。なので、シンプルにどっちがおもしろいかという判定だけしていただこうという結論に至りました」

 投票権は視聴者にも残した。審査員の6票と、視聴者の1票、全7票で競われる。視聴者投票にこだわった理由を宮森はこう話す。

「女性芸人の場合、うちの番組の『イッテQ!』で活躍されているイモトアヤコさんのようにお茶の間の支持を得て人気者になるケースが多い。なのでプロの方の目線だけでなく、お茶の間の支持も得た人が優勝する形にしたかった」

 そうしたさまざまな工夫が功を奏し、昨年の大会は、松本人志が「見応えたっぷりのちゃんとしたコンテストになってきた」とコメントするなど、大成功を収めた。その後、王者の3時のヒロインが狙い通り新たなスター芸人となった。

 今年も準決勝の盛り上がりを見る限り、成功はほぼ約束されていると言っていい。決勝に残った10組の顔ぶれにも異論はない。ただ、彼女たちだけでなく、まだまだ見て欲しかったネタがいくつもあったのだが。

※週刊ポスト2020年11月20日号